樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
さて、さっそく充電して飛ばしてみました。

c0094876_61896.jpg


キャノピー部は、白に塗ってみました。
真っ黒なのは、個人的には好きではなかったので。
主翼もセロハンテープで補強してあります。

パワー全開で手投げをしてみると、ゆったりと下降してしまいました。
何度も水平尾翼を少しずつ上方向に軽く曲げて調整(強く曲げると折れます)。
パワー全開でゆったり上昇するように設定したら、素晴らしく飛ぶようになりました。
真っ直ぐ飛ばしているつもりでも、少しずつ左旋回してしまう癖はありましたが、
まあ放っておきました。
真っ直ぐ飛びすぎると、いつの間にか送信機の電波圏外に行ってしまうのが怖かったですし。

個人的な感覚では、同社のエルロン零戦よりも難しい感じを受けました。
多分フライトマスターゼロ戦を難なく飛ばすことができれば、エルロン零戦はたぶん飛ばせます。
自分的な飛行のコツをざっと書いておきます。

まず、飛行場所は草地、芝生など柔らかい地面の上がいいです。EPP素材ではないので、
地面がコンクリートや砂地だと、ダメージが大きいでしょう、たぶん。

機体の大きさが小さい=飛行場所も狭くてOKというわけではありません。
確かに通常のラジコン飛行機よりは小さい場所でOKですが、最低50m四方以上の空間は欲しいところ。
京商ミニウムプレーンが同じくらいの大きさに相当するのですが、あっちはラダー、エレベーター装備の本格RCプレーンに対して、こちらはホビーラジコン。
ミニウムプレーンには可能な急旋回ができません。
よって空間は広くとることが大切だと思います。

まずは上記のように水平尾翼を調整。
パワー全開でスーっと上昇するようにします。
左旋回の癖が出始めて自然に左に曲がっていくので、ラダーを右方向に切って、機体が水平に保つように調整。切りすぎ注意。墜落します。
まあ、この辺は説明書に載っていますね。

旋回するときは、プロペラパワーを50%に絞ったほうがやりやすいです。
全開のまま旋回すると、失速速度も全開なんで、急激に下降してしまいます。
パワー半分の方が、失速も遅くてやりやすかったです。
旋回後、旋回方向の逆にラダーを少し打って機体を水平に保ち、再びパワー全開、上昇。
この繰り返しで電池がなくなるまで飛ばせました。

エルロン零戦とは違い、気軽に持ち運べる大きさのフライトマスターゼロ戦。
小さくてもそこそこスケール感があって、良いですね、これ。
レベルは2、とのことですが、個人的には3くらいあるかも・・・と感じました。
でも練習次第で確実に飛ばすことができるレベルだと思います。

c0094876_723689.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-11-12 07:03 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、近所のおもちゃ屋さんに売ってました。フライトマスターゼロファイター。
またしても衝動買い。ダメな大人です、自分は。
まあ、大好きな零戦ですし、良しとしましょう。

c0094876_2124539.jpg


さて、箱は小さいです。同社のスカイホークⅡより小さいと思います。

c0094876_2126495.jpg


箱内部。右に置いてあるのは一般的なボールペンです。
大きさを表す為に置いてみました。小さいですね。

さて、組み立てが必要ですが、簡単。主翼を両面テープで付けるだけです。

c0094876_21285091.jpg


本体は発砲スチロール。主翼、水平尾翼、垂直尾翼はスチレンペーパー(スーパーで肉や魚などが入って売られている白い皿のようなものと同素材)らしき素材で出来ています。

うーん、激しく墜落したら折れそうだな。セロテープなどで補強が必要かも。
エレベーターはありませんので、頭上げ傾向だったら、水平尾翼を曲げて調整することが必要でしょう。
このあたりはスカイホークⅡと同じですね。

c0094876_21341772.jpg


少々見にくくてすみませんが、栄エンジンらしきものも再現されています。
よくできていますね。
プロペラはぱっと見スカイホークⅡと兼用できそうですが、プロペラ軸の太さなどの違いにより、ノーマルでは兼用は無理そうです。
さて、30分充電で約5分飛ばせると言うゼロファイター。
さっそく次の休みの日にテスト飛行してみましょう。
その報告はまた後日。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-11-01 21:41 | 樹海飛行隊(ラジコン)
エルロンが付いているってことで、ロール(横回転)に挑戦!!

・・・

うーん、難しい・・・。

機速が遅いせいもあって、なかなかうまく回転しません。
回転する前に急降下のため墜落してしまう事の繰り返しでした。

c0094876_23201160.jpg


しかしなんとか成功!
やり方は・・・

ループ(宙返り)と基本的には同じ。
ます、バッテリーが元気な最初の1分間で、できる限り高く高度を稼ぐ。
パワー100%で飛行を続け、一気にエルロンを切り続ける。
回転し終えたら、機体を水平に保つ。
肝は、短時間でどれくらい高度を稼げるか、です。
低すぎると回転中に降下し地面に激突。
高度を上げるのに時間が掛かりすぎると、バッテリーの消耗により、機速が乗らず
回転できずに急降下墜落する可能性が高まります。

正直言って、難易度高いと思います。私が下手くそなのかもしれませんけど・・・。
ループもまだ確実に成功させられませんし・・・。
うーん、まだまだ修行が必要です。

c0094876_23354273.jpg


度重なる墜落のため、少しずつですが破損してきました・・・。
プロペラシャフトも曲がって、回転中に甲高い音がするようになってしまいましたが、
元気に飛んでいます。
しかしカウルが簡単に分解できないのが残念ですねー。接着されてますので。
次回作はこの辺の整備性を何とかしてほしいですね。

c0094876_23391277.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-08-09 23:41 | 樹海飛行隊(ラジコン)
ホームセンターで売っていた、シルバー色のペンで塗ってみました。
塗装が剥げた感じを出してみました。
ノーマルに比べると、リアリティがUPしたと勝手に思い込んでます。
c0094876_22372428.jpg


さて、先日風が少々強い中(風速4~5mくらい?小枝が少し揺れる程度)、思い切って飛ばしてみました。
急降下しそうになったらエレベーターUPしたり、頭上げしそうになったらエレベーターダウン、機体を水平に保とうとしてエルロンを左右に切るなど操作が忙しかったですが、何とかバッテリー切れの3分間浮かせることができました。
向かい風に対して、ホバリング気味になってみたり。
うーん、何度も練習すればコツを掴んできますね。

宙返りは思い切ってやってみましたが、何とかできました。
コツを説明します。
まず、バッテリーは満タンに充電。車輪は外します。
手投げ発射後、バッテリーがまだ元気な最初の一分間くらいはひたすら高度を稼ぎ、最低でも電柱の1.5倍くらい高く上空へ飛ばす。
パワー100%のまま、エレベーターをダウンに打ち続ける。
かなり機速が乗った時点で、エレベーターをアップに打ち続ける。
くるんと回転するはずです。
回転した後アップを打ち続けると、頭上げ→失速してしまいますので注意。

私が飛ばしてる場所は、この時期高さ2メートルくらいの草が生えまくっていて、落としたときにクッションになって、機体はほぼノーダメージなのはいいのですが、
恐ろしい罠が待っています。
それは・・・

アシナガバチの巣があることです!!

意外なところに奴らは潜んでいます。
うっかりそのエリアに入って巣を踏んでしまったりすると恐ろしいことになります。
気をつけましょう。
私は飛行時にはどんなに暑くても長ズボン、長袖、藪を掻き分けるための軍手などを持っていきます。
ビーチサンダルなどで藪の中に入らないように。
必ず後悔します・・・(実体験に基づく)。

c0094876_231419.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-07-26 23:03 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、タイヨーが発売したエルロン仕様のゼロ戦。
今回は私の経験による、この機体の飛行方法を説明します。
c0094876_22364076.jpg


この機体、垂直尾翼に「53-102」と記載されています。
おそらくこの機は撃墜王、岩本徹三機であると推測されます。
ん?でも岩本機は確か、零戦21型だったはず・・・?
まあ、細かいところはよしとしましょう?

c0094876_22411817.jpg


岩本機だったら欠かせないのは、桜の撃墜マーク。面倒だったんで、まだこれだけしか貼ってません。いずれ60枚貼ります。
この撃墜マークのシールは機体購入時にセットで入っています。なんと心憎い演出でしょうか!スバラシイです。
枚数もたっぷりで、おそらく170枚くらいあります!170機撃墜できます。

さて、この機体はあくまで「トイラジ」です。
バリバリ過激なアクロバット飛行をしたい方には向いていません。
このゼロ戦はのんびりまったり、ゆったり飛びます。
まず必要なことは、悟りを開くことです。

「このゼロ戦は、ゆったり飛ぶんだ。過激なアクロ飛行はできないけれど、のんびりゆっくり優雅に飛行する零戦、癒されるなぁ・・・。零戦カッコイイなぁ・・・」

何度もそう念じて悟りを開いてください。
そう、あなたが操作するのは本格的RC零戦ではなく、トイラジ零戦なんです。
悟りをなかなか開けない方は、マンガ「戦空の魂」などを読んで、零戦のファンになるのも手です。
本格的RC飛行機の中でも難関の部類に入る零戦を、こんなにお手軽に遊べるありがたさを実感します。
壊れにくい素材でできている零戦を箱出しでいきなり飛ばせること自体がありがたいことなんです。

・・・私はそう信じ込んで悟りを開きました(笑)。

最初は砂地やアルファルト上ではなく、草地で飛行しましょう。墜落しても、ダメージが軽減されますので。草地での飛行なら、特に車輪も付ける必要はないと思います。
着陸時、パワー0%にすると、素晴らしい滑空性能のおかげでゆっくり着地できます。

走行して離陸させるのではなく、手投げ飛行の方が圧倒的に楽です。
この機体はラダー操作できないので、あらぬ方向に走行したら修正ができません。

完全無風時、風力3メートル以下に飛行させましょう。この零戦は、少ない推力で飛行するみたいなので、風には本当に弱いです。安定性に欠ける低翼機なので、バランスはすぐ崩れます。
立て直しながら飛行するのは至難の業です。

左旋回癖は、個人的には直しません。
勝手に左旋回してくるくる回ってくれれば、送信機の電波の距離外に出てしまう確率が低くなりますし、どこまでも真っ直ぐになんて、飛んでくれない方がありがたいです。
左旋回で高度が落ちてきたら、エルロン右ボタンをチョコチョコと押して体勢を水平にすればいいです。

旋回の基本は、
①曲がりたい方向のエルロンボタンを押す(0.5秒くらい。あまり機体を傾けすぎないように)
②エレベーターをUP方向に押す(チョン、と小刻みに)
③ ①の方向と逆方向にエルロンボタンを押して機体を水平に保つ
以上ですね。コントローラーの形が独特なんで、戸惑うかもしれませんが、慣れれば楽です。

あと、よく発生するのが「パワー70%で水平飛行中、パワー100%にすると機首が上を向いて失速、急降下」のパターンです。
私の場合、以下の図のようにして回避します。

c0094876_23213943.jpg


コツは、機首が下を向く前にエレベーターをダウンにチョコンと1回、一瞬入れることです。
100%回避できる方法ではありませんが、高確率で急降下を免れることができました。

さあ、頑張ってバッテリー切れまで飛ばしましょう。
ある程度、それができるようになって初めて、ロールやループに挑戦できると思います。
私もまだまだ修行が必要です。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-07-08 23:28 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、仕事帰りにふらっと寄ったトイザらス。すると、ラジコンコーナーにタイヨーの新型ゼロ戦が!!
ラダー仕様ではなく、エルロンとエレベーター!

9999円。財布を確認。購入。
迷いは一切ありませんでした。飛ばない、壊れやすいと酷評のタイヨーのトイラジコンですが・・・。

それがなんだっていうんですか?

ゼロ戦です。漢の憧れ、零戦なんですよ。
飛ばないなら飛ばしてやろうという決意を秘め、帰路につきました。

c0094876_1158285.jpg


「僕には体当たりしなくても敵空母に50番(500キロ爆弾)を命中させる自信がある。日本もおしまいだよ、僕のような優秀なパイロットを殺すなんてね。僕は天皇陛下のためとか日本帝国のためとかで行くんじゃないよ。KA(妻)を護るために行くんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだ、すばらしいだろう」

神風特別攻撃隊 敷島隊隊長 
関行男大尉


翌日、河川敷でさっそく飛ばしてみました。インプレです。

c0094876_124586.jpg


パイロットフィギュア。精巧な顔立ちです。

充電したバッテリー(8.4V 300mA)をセット。
うーん、バッテリーと本体を繋ぐコネクタが短いので、接続しづらいのは難点。
本体側のコネクターヘッドをバッテリー格納スペースのプラスチック壁に指で押し付け固定。
頑張って接続。
数々のトイラジ経験から推測すると、トイラジはほぼ必ずといっていいほど、フルパワー飛行すると頭上げ現象が起き、失速→墜落のパターンが多い。
なので、エレベーターは「こんなに?」と思うほどダウン状態で設定(車輪なしの状態です。装着したら、若干前が重くなるので、また違ってくるでしょう)。

角度としては、35度くらい?かなーりダウン設定です。
エルロン部とエレベーター部はEPP素材ではなく、通常の発砲素材っぽいので、セロテープで補強。

c0094876_1217433.jpg


コントローラーです。
左右ボタンの右上にある銀色のスティックでエレベーターを操作します。手前側に引くとUP、反対がダウンです。
プロペラパワーは100%、70%、25%、0%です。

さあ、河川敷の土手から、プロペラパワー全開で投げた!!
サイドスラストが取りきれていないのか、左曲がり傾向です。
エルロンを右に切りつつ姿勢を保つ。

うおお、ちゃんと飛ぶではないか!!!!

エルロン切り過ぎて降下しはじめたら、あわててエレベーターをチョンチョンと押してUP。
おお、奇麗に旋回・・・。そして水平に保つため、当て舵。
70%パワーで、ゆっくり水平飛行。
あんなにエレベーターダウン設定だったのに、大丈夫みたいです。
左曲がり傾向を修正しつつ、なめらかに飛行。
バッテリーライフは3分(連続フルパワーで)と書いてあったので、2分半ほどでパワーを徐々に落としつつ、草地に着陸。

この機体のすごいのは、0%パワーでも、滑空性能が物凄いです。
京商のM24セスナと同等くらいあるんじゃないか?と思います。
最大の弱点は、バッテリーライフの短さかな?70%パワーで5,6分くらい。
でも実質は3~4分くらいで着陸させたほうがいいでしょうね。

さて、飛ばない、改造ネタにしかならないと散々叩かれてきたタイヨー。
今回の新零戦は、まさに

タ イ ヨ ー 工 業 の 逆 襲 。

と言えるかもしれません。
京商M24セスナスカイレーンしか飛ばしたことのない私が、いきなりバッテリー切れまで飛行成功。
前作は10歳以上用でしたが、今回は15歳以上用。まったくの初心者は飛ばせません、と丁寧に説明書に書いてあります。

c0094876_12451223.jpg


↑10mくらいから草地に垂直落下してしまったので泥が付着。
でも何事も無かったかの如く、平気で飛行できました。・・・こいつ無敵か?

次回は、飛行の仕方の詳細、そして無謀にも、ロールやループに挑戦したいと思います。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-07-06 12:52 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、今回もノーマルで飛ばす方法を考察してみましょう。
飛ばし方のコツとしては、
まずプロペラパワーを75%にする。肘を支点にし、機体を水平に投げる。この時の投げる力は少々強めに。ただし思いっきり投げてはいけません。
投げて0.5秒~1秒後くらいに100%パワーにする。左旋回する場合、コントローラー右のボタンを右方向にチョン・チョンと押し(押している時間は0.5秒ほど)ラダーを右へ切って、水平を保つ。
機体を水平を保たないと上昇しないため、旋回を考えず、まずは10mほど上昇させるよう努めましょう。
左旋回があまりにきつい場合、右側の主翼の端っこに、一円玉をセロテープではりつけましょう。これでかなり修正されるはずです。

初心者が機体を水平に保ち、上昇する操作をするにはかなり広い空間を必要とします。近所の公園で飛ばしたいのはヤマヤマですが、面倒でも広い場所を探してください。
場所が狭いと「すぐに旋回しなきゃ」という心理が発生してしまい、余裕を持ってフライトできません。高度が取れずにすぐに旋回しようとすると、あっという間に墜落します。

さて、高度が5、6mほど取れたら旋回に入りましょう。あまりに水平に飛ばしすぎると送信機の電波圏外に行ってノーコンになってしまうのでご注意を。
曲がる1秒ほど前に、パワーを100%にします。100%にしたまま曲がりたい方向にラダーを約1秒押します。機体はその方向に旋回をします。
旋回するとすぐに高度が下がるため、曲がる方向と反対のラダーボタンを約1秒ほど押し、水平を保ちます。パワーは旋回中常に100%を維持します。
そのまま機体を5.6mほど上昇させ、同じ動作を繰り返します。
「曲がる方向にラダーボタン押し→反対方向にラダーボタン押しして水平を保つ→機体の上昇を待つ→曲がる方向…」の動作を繰り返して旋回します。
自分の周りを旋回させるようになれたら、かなり楽しいですよ。
ちなみに私は10回ほど練習して、出来るようになりました。

あと、ポイントを一つ。
このトイラジは高性能アルカリ乾電池推奨ですが、オキシライドでも今のところトラブルはありません。私の個体だけかもしれませんが。何かトラブルが起こったら報告します。
バッテリー充電の際、コツが要ります。
まず、買ってすぐの新品状態のバッテリーは、満充電されません。充電→放電(機体に取り付けプロペラを回すなど)して、バッテリーを活性化させましょう。
新品の電池では、タイマー通り4分間で満充電されますが、5回、6回と充電を繰り返すと、電池残量が減ってきて、きっかり4分間では満足に充電されなくなります。
5、6回目あたりから、充電時間を5分、6分と1分ずつ増やしてみましょう。
10分間充電しても飛行時間が少なくなった場合、電池交換の時期だと思います。
バッテリーが満足に充電されていないと、まともに飛びません。

旋回させることが出来るようになったら、8の字を描くように飛ばすことに挑戦してみたら面白いですよ。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-11-10 23:18 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、ひさしぶりの休みの日に飛ばしてみました、零戦21型です。
c0094876_21174380.jpg


???。色が変わってますね。そうです。前回の零戦は、コントロールを誤り高さ15メートルほどからコンクリ地面に翼から激突、さすがのEPP素材も割れてしまい大破してしまいました。
ショックでその画像は撮影してません・・・。
山本長官を守り抜くことはできなかったのであります。
今回のゼロ戦は、空母赤城積載機です。これもトイザラス限定品。
限定じゃなくて定番の零戦も販売していただきたいものです、素材はとてもいいので。
タイヨーさん、お願いします。
飛ばない故に3ch化の改造ネタ、などとネットでよく見ますが、ところがどっこい、コツさえつかめばあっさり飛ぶようになりました。
条件をさらっと羅列してみます。
・広い場所の確保
野球場2面くらいは最低欲しいところ。急激な旋回ができない機体なので(やろうとするとほぼ確実に墜落)、ゆったりと旋回できる場所が必要。
・左旋回癖について
零戦はよくネットで左旋回がひどい、と言われているが、逆に考えましょう。この機体はグルグル左旋回しているのを見て楽しむ機体なのです。
真っ直ぐ飛びすぎるとあっという間に送信機の電波の届く範囲を超えていってしまいます。
多分50mくらいが範囲だと思います。真っ直ぐ飛ぶようにラダーを切って飛ばしていたら、ある範囲を超えたらコントロール不能になってしまいました。
左旋回させながら、いかにして浮かし続けられるかチャレンジする機体であることを覚えておきましょう。
よく考えたら、左旋回する範囲もちょうど操縦者から半径30mくらい。あえてそうするように設計してあるのでしょう。自分の周りをふわふわと旋回する零戦は、心が和みます。
結論として、「自分の思い通りにバリバリ飛行機を飛ばしたい」という方には全く向いていません。そのような邪念はこの零戦の前には何の意味も持たないのです。捨て去りましょう。
・主翼にはみだりに触れないこと。
上半角修正とか言って、適度についている上半角を曲げたり押し付けたり熱であぶったりして修正しようとする方がいますが、やってはいけません。翼の付け根が脆くなり、上手く飛ばしづらくなります。
ちなみにノーマルの上半角は適正位置だと思います。
3ch化とかして改造する方は必要かもしれませんが、ノーマルで飛ばす分では修正の必要は皆無です。飛ばしたとき、上昇不足の場合、一円玉を尾翼の下にセロテープで貼りましょう。左右どちらの尾翼でも構いません。これだけでだいぶ修正されます。
もっと酷いときにはもう一枚一円玉追加で。
長くなったのでこのあたりで。
次回も「ノーマルでいかに零戦を飛ばすか」について実験してみようと思います。
ネットでバリバリに改造したタイヨー零戦はよく見かけますが、意外とドノーマル零戦のインプレはないのですね。改造技術のある上級者には、ノーマルの性能に我慢ならないのでしょう。
なぜなら、自分の思い通りに動かせないから、に尽きると思います。
世の中には自分の思い通りにならないことなど山ほどございます。そんな我儘でじゃじゃ馬な零戦、どうやって操るか、探っていきましょう。ノーマルをモノにしてこそ、です。
集えノーマル派。戦えノーマル派。今こそ3ch零戦と互角に戦おうぞ。そんな粋で天邪鬼な方々、待っています。
樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-11-01 22:43 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さあ、どこも弄っていない完全ノーマル零戦による飛行です。
車で大きな公園まで行き、早速バッテリーを説明書にあるように4分間充電。
零戦に内蔵されているコネクタと繋ぎ、プロペラを100%パワーで回転させ、水平に投げた!
・・・急激に左旋回して、墜落。
タイヨーの零戦は、ほとんどの個体が左回転してしまうらしいのですが、御多分に漏れず我が零戦もそうらしい。
左旋回を防ぐべく、投げてすぐにチョンチョンと小刻みにラダーを右に切って修正飛行を試みる。ラダーを切るとき、1秒以上切りっぱなしにしてはいけません。チョンチョン操作が基本です。そうしないときりもみ墜落します。
右へチョンチョン、左へチョンチョン、なんとか水平に飛ぶように努力しますが、風に弱くて直ぐに墜落。あと、プロペラのパワーが足りないのでしょう、上昇しません。全くしないというわけではありませんが、余りにもスローペースで上昇するので、旋回に耐えうる高度まで上がるには、野球場3面程度の広さが必要と思われます。そこまで上昇するまでに風に流されたりしますので、かなり難しいです。
バッテリーライフが1分と短いのもキツイ。あっという間にタイムオーバー。
あまり頻繁に充電、使用を繰り返すとバッテリーを痛めますし、いいことはないでしょう。ちなみに私の個体は7回程度充電、使用を繰り返したら、基盤が熱にやられたのか、プロペラパワーのアップ、ダウンが利かなくなりました。1時間ほど放っておけば直りましたが。
c0094876_21214930.jpg

この画像は、バッテリーを納めるスペースに付いている蓋が墜落の衝撃で吹っ飛んでなくなった模様です。3回目の墜落で紛失しました。
c0094876_2123262.jpg

さらに墜落し続け、ついに尾部が欠けました。テープで補強しておけば良かった・・・。

20秒以上飛ばすことは私には無理でした。一緒に来ていた友人がエアロウイングス ペガサスウイングをのんびり飛ばしてる・・・くやしいですね。

まだ私は諦めませんよ。改造なしで絶対飛ばしてやると心に誓い、公園を後にしました。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-10-20 21:34 | 樹海飛行隊(ラジコン)
これまたとあるツテで、手に入れましたラジコン飛行機
三菱 零式艦上戦闘機21型 第582航空隊 ブーゲンビル島ブイン基地所属機です。
c0094876_23591037.jpg

トイザラス限定モデルらしいです。
ブーゲンビル島・・・それは確か山本五十六長官の搭乗する一式陸攻が撃墜された場所では・・・!
山本長官護衛機をまさか再現するとは、さすがタイヨー、やってくれます。
そしてトイザラス限定のタイヨーエアプレーンに、P-38ライトニングもあったはず・・・。
まさかこれを揃えると、まさに山本長官搭乗機を攻撃するP-38と、応戦するゼロ戦を再現できるわけですか!そうですか!
あとは一式陸攻だけですね!タイヨーさん、お願いしますよ!!
さて、今回は写真だけですが、近日中に箱出しドノーマルの飛行実験を行いたいと思います。箱には中級者用というシールが張ってあり、中には飛行ハンドマニュアルなどという冊子が入っております。
説明書の飛ばし方より少々詳しくマニュアルには記載されているので、この通りに飛ばしてみようと思います。
c0094876_015383.jpg

さて、完全ノーマルの実力はいかがなものでしょうか。
飛行実験が出来次第報告しますので、しばらくお待ち下さいね。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-10-13 00:20 | 樹海飛行隊(ラジコン)