樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

神社巡礼

私は神社が好きです。一応、神道の信徒のつもりです。
なんというか、どこの神社にも雰囲気というのは共通しています。
どこはかとなく、懐かしい感じなんですよね。
京都奈良や比叡山やら寺も結構行きましたけど、
そんな気分になったことはないです。

後、坊主の寺だと、戒名たけぇとか袈裟でベンツ乗ってるとか
やっかみ的な物がどうしてもなきにしもあらずですが、
神社はそういうのが無い気がします。半官営だからでしょうか。
あくまで個人的な見解ですので、全国の仏教関係者
の皆さん、見逃しといてくださいね。

今日は、まだ昨年のお守りを焼いてもらってなかったので、
香取神宮までいってきました。ええ、暇でしたので。
香取神宮は、明治時代までただ三つ「神宮」を名乗ることを
許された大社なのです。最近まで全然知りませんでしたが。
ほかの2つは伊勢神宮と鹿島神宮です。
これらは大社なので、「ウチは学問だから」とか「縁結び専門だよ」
といった、特定のご利益とか誰のためとかケチなことをいわず、
来る者拒まず、何でもござれ的性格が強いそうです。
(一応、香取と鹿島は武道の神様フッツヌシとタケミカヅチですけど、
あんまりケンカ専門というわけでもないそうです)
だから、道を極める人たちの盃直しなんかには、うしろに
「鹿島大神宮」「香取大神宮」「天照皇大神」の紙をかけるんですね。

c0094876_18433177.jpg


こんな感じの大変立派な神社でした。とうぜん、皇室の保護を受けた
由緒正しい神社ですから、

c0094876_1851277.jpg


です。もう一体に「攘夷」って書いてなくて本当によかった。(もう一つは敬神)

c0094876_1852118.jpg


あつかましくも、樹海堂の商売繁盛もお願いしちゃいました。

それにしても、千葉の片田舎にこんなに立派なものがあるとは、
失礼ながら思いませんでした。広くて綺麗な境内で、おもわず
ホホウとため息が漏れます。皆さんの住んでいる都道府県にも、
きっと皆さんが知らないいい場所、絶対ありますので、
どんどんいって見て下さい!

次は、鹿島神宮か船橋の神明神社にいってみたいとおもいます。

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2007-02-13 18:57 | 樹海派遣軍(遠出)

富士浅間神社の鹿

富士浅間神社には、囲いの中に鹿が飼われている。
c0094876_2226182.jpg

人には慣れているらしく、手を差し伸べると好奇心旺盛に近寄ってくる。
なんとも愛らしい姿に癒されること請け合いである。
樹海を訪れた際には、一度は寄ってみて欲しい神社です。
c0094876_2228466.jpg

樹海堂管理人
[PR]
by jukaidou | 2006-10-26 22:30 | 青木ヶ原樹海レポート
富岳風穴から車で20分ほど走らせると、美しい神社がある。
富士浅間神社という実に堂々たる神社。
樹海散策の後、必ずここでお参りをしている。樹海に身を置き、そして神社に身を置き心を隅々まで清める。なんと心地よいのであろうか。
全ての邪心を捨て去り、本当に素直な心を持ってして樹海を愛し、鋭気を養い現実と闘う勇気を得る。もともとこの神社は富士山の噴火を恐れる民衆の心を鎮めるために、火山鎮護の神、木花開耶姫を祀ったのがはじまりだとか。
現実という荒れ狂う大噴火と戦うため、身を焦がしても引きちぎられても闘う勇気を蓄えるのにちょうど良いと思う。素晴らしい神社である。
c0094876_2271871.jpg

右の画像は、富士太郎杉というとても大きい杉の木である。樹齢は1000年を超えていると思う。富士太郎杉も永遠、樹海も永遠。
c0094876_22115661.jpg

樹海堂の繁栄を祈願し、絵馬に想いを込め、祈った。
樹海、そして樹海堂、樹海を愛する全ての人々に永遠の幸福あれ。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-10-24 22:16 | 青木ヶ原樹海レポート