樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

都心の静寂

先日、天気が良かったので皇居に散歩に行ってきました。
c0094876_2374726.jpg


ババーンと登場しますは我らがヒーロー、楠公(なんこう)こと楠木正成大先生です。
皇居外苑にはこの銅像があります。なんで今日ではあんまり有名でもない武将の
銅像があるかといいますと、戦前では楠公は後醍醐天皇のため命を捨てて戦った
ラストサムライとして尊敬されてたからであります。
これは旧安田財閥によってつくられ、戦時中のナベカマ供出の対象にもされず、
皇居の守護者として大事にされてたわけなんですね。
緑青が年月を感じさせて、見ごたえがありますな。

c0094876_2311153.jpg


で、銅像から向こうに売店らしきものがあります。近づいてみると、

c0094876_23121261.jpg


楠公レストハウス、とあります。折からの猛暑でのどがカラカラな私。
ちょっと休ませてもらいましょう。

c0094876_2313143.jpg


おいしそうな和食のバイキングが並んでましたが、おなかがすいてなかったので
ビールをいただきました。営業が始まったばかりのせいかキンキンではありません
でしたが、外を歩き回ったあと、しかもオフィス街の連中が仕事でヒイヒイいってる
時に飲むビールはうまい!

長くなったので続きます。

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2007-07-11 23:20 | 樹海派遣軍(遠出)

樹海の自然

樹海は怖い、変なものがガンガン落ちている、だけではありません。
人の手が加わらない大自然を満喫できるのも、たまらない魅力です。
c0094876_22254817.jpg

これなんか都会じゃ絶対見られないんじゃないですか?
カマキリの卵じゃなく、木に産み付けられたカエルの卵です。
下にあった池だか水溜りだかには、オタマジャクシがてんこもり。
カエルの卵はトコロテンみたいに水中にあるとばかり思ってた私には、
結構衝撃だったんですがね。30センチくらいあったし。

c0094876_2239247.jpg

こんなのもあります。キノコなんですよ、これ。
昼なお暗い森で、うっすら光るかの如く、なんかヌメヌメテカテカしとるんですわ。
こんなキノコは街にも山にもそうあるものでもないでせう。
あるとしたら、ときわ荘の松本零士の部屋くらいですか?

この二枚は、落ち葉の色を見てもらえば一目瞭然ですが、
初夏と晩秋に撮ったものです。四季折々という言葉を忘れかけている我々、
たまには自然を味わうのも決して無駄ではないでしょう。
青木ヶ原、マジオススメです!!!

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2006-09-02 22:40 | 青木ヶ原樹海レポート

樹海にある変なもの

今日は、樹海に落ちている、あるいは置いてある変なものを2点紹介しましょう。
まずこれです。
c0094876_2193990.jpg

うーん、どっからどうみてもマリア様ですね。みづらいですけど、
お腹の部分には達筆で「命は大切に」と彫ってあります。
横のビニールには宗教の説教みたいなのが書いてましたが、
チョッとバッチかったので中身までは見てません。
自殺防止でどっかの宗教団体が設置したと専らの噂ですが、
真相は全然わかっていないようです。
ちなみに、あと2体別にあるそうですよ。

あと、全くわからないのがこれです。
c0094876_21203850.jpg

あまりの訳わからなさに見つけたときは大混乱でしたよ。ええ、そりゃもう。
だってですよ、薄暗い森の中にこんなデッカイ風呂桶くらいある網が、
10台くらいいきなり設置してあるんですよ?マリアはまだわかるからいいですよ、
これ何?虫取り?生態調査?いずれにせよ、近くに「○○調査中、触るな」とか
かいといて欲しいもんですよ本当に。
自然あふれる森の中に、人工物があると本当にドキッとします。暗闇にドッキリです。
同時に青木が原のたまらない魅力であったりもするんですがね。

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2006-09-01 21:31 | 青木ヶ原樹海レポート

矢印・目印

c0094876_17394863.jpg


はじめまして皆さん。
樹海堂管理人と副管理人から「貴様も何か書け」と、
ありがたいお言葉をたまわりましたので、書くことにしました。

今日は、我々三人の安息の地にして約束の森、青木が原樹海内に点在する、
「矢印・目印・ロープ」なんかをご紹介してみたいと思います。
人の立ち入りを阻むかのような森、なんてのはマスコミの作り上げた
勝手なイメージですので、森の中には人の入った形跡が沢山あります。
中でも、警察・自治体・研究機関、そして探索者が残していく代表選手が、
これらの目印ですね。目的は、遊歩道を示していたり(言われなきゃ遊歩道と解ら
ない道なんてざらです)、ウォークラリーの経路だったり、測量の杭代わりだったり。
そして、警察が「何か」を見つけてしまった時のテープだったり…

c0094876_17502356.jpg


ですが、それらと一線を画しているのが、探索者が張ったと思われるこういった
スズランテープです。これらはただのゴミです。第一、遊歩道から奥に入っていく
のは、法律違反ではないにせよマナー違反です。
どうしても入りたい時は、GPSや方位磁石を
使用するべきでしょう。磁石は樹海内のほとんどの場所で使えます。
マスコミの情報操作は本当に恐ろしいですね。

こういうゴミや、キャンプの跡、焚き火跡、酒盛りの跡、不法投棄といった
ゴミが大量に樹海に捨てられてしまうようになったので、
山道も封鎖されてしまったのではないでしょうか。
樹海を含む富士国立公園は、世界遺産を目指していると聞きます。
また、先日は小池大臣や野口健氏が清掃をしたとも報道されていました。
ゴミを撒き散らす恥ずべき行為が過ぎたために、国が動いたのかもしれません。
いつか再び、遊歩道が開放されることを信じ、
樹海堂としても、環境保全は呼びかけて行きたいとは思ってます。
てゆうか、ゴミ捨てるヤツは非国民。
それでは、今日はこの辺で。

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2006-08-30 18:19 | 青木ヶ原樹海レポート