樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:スカイホークⅡ ( 3 ) タグの人気記事

スカイホークⅡには実機が存在するのか?
はじめはタイヨーオリジナル、架空の機体だと思っていましたが、偶然発見。
どうもこれのような気がします。

ビーチ17 スタッガーウイング

ウィキペディアから引用。
スタッガーウィングとは、複葉機の上翼と下翼の位置がずれていることを指します。
1932年に初飛行に成功した飛行機、とのこと。
スカイホークⅡの箱に、「レトロな複葉機」と謳い文句があるのはそのせいでしょうかね。
映画「紅の豚」あたりに出てきそうなレトロ感が漂う飛行機ですね。

さて、相変わらずよく飛ぶスカイホークⅡ。しかし注意しなければならないことがあります。
まず、機体側のスイッチをオンにしたまま充電すると、なぜか送信機が壊れます(私の個体だけでしょうか・・・?)。
緑の充電ランプが消えなくなり、なぜか充電されなくなってしまいました。
タイヨー零戦の送信機から充電すると、なぜかスカイホークⅡ機体の挙動がおかしくなります(プロペラパワーの制御が効いたり効かなくなったり、勝手にラダーが動いたり)。同じメーカーのものなのに、よくわかりませんが。
これもたまたま偶然私の個体だけかもしれませんが。

まあとにかくスカイホークⅡには、スカイホークⅡ用の送信機を使って充電するのが無難ってことでしょう。皆さんもお気をつけください。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-03-14 00:08 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、まったく手を加えていない箱出しノーマルの性能を見てみましょう!
c0094876_2311117.jpg

河川敷の土手からヒョイっと手投げ。

うわ、すげぇ、メチャ飛ぶ(笑)!
さすがは複葉機、浮きの良さは抜群です。私の個体は上昇がキツくて頭上げ→失速気味だったので、説明書にある通り、
c0094876_2314434.jpg

この部分ですね。水平尾翼を若干下方向へ曲げました。
※注意!ゆっくり丁寧に曲げないと折れます!力加減には十分気をつけてください。
カッターナイフで切れ込みをすこーし入れたら曲げやすくなるでしょう。

おおお、凄くいいカンジで飛ぶようになりました。すーっと上昇、パワーをゼロにして滑空。
ラダーを切って旋回できます。手軽にグライダー気分を味わうにはもってこいですね。
タイヨー零戦と同じく、ラダーを1秒以上押しっぱなしで切り続けると頭下げで急降下するので、チョンチョンと軽く切って旋回しましょう。

こいつは頭から激しく突っ込むと、プロペラが折れやすいです。
c0094876_23301174.jpg

スカイホーク2を購入の際にはタイヨーママーズでプロペラを予備で購入を勧めます。安いので、あまり大した痛手ではありません。
友人の情報によると、ラジコンメーカーであるHPI社のスプラッシュ180(スプラッシュの小さい方)のプロペラが無加工で装着できるそうな。
あれは折りたたみ式プロペラなんで、折れにくくなるでしょうね。
しかし機首部分が重くなるため、滑空性能にどう影響を及ぼすか・・・。
誰かお試しになった方、情報を下さい。

着陸は、地面から1メートルくらいを飛行させ、パワーをゼロにして滑空させ、そのまま地面に降りるのを待つ方法がいいような気がします。
とにかく練習が必要ですね。

機体自体も3,000円と買いやすく、割れても発砲スチロール用接着剤で治せるし、入門用にはオススメの機体ですね。
c0094876_23382048.jpg

↑こすれて塗装が剥がれてしまいました(笑)。奇麗に着地するようもっと練習せねば!

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-03-04 23:40 | 樹海飛行隊(ラジコン)
2007年2月15日を持って、大陽工業のRC部門が(株)セガトイズの子会社になったようです。
タイヨーのトイラジプレーンはどうなってしまうのでしょうか。
残っていてくれるとありがたいのですが。

まあそれはさておき、スカイホーク2を手に入れましたので、軽くインプレ。

c0094876_2231017.jpg


本体は組み立て式となっています。小学生でもあっさり組み立てられそうなほど
簡単なものです。
送信機の操作はプロペラパワーのオン、オフ。ラダーの左右のみです。
プロペラパワーは同社の零式艦上戦闘機21型とは異なり、パワーオンとオフのみ。
25%、75%、100%というパワー調整はありません。
バッテリーは送信機から充電できます。電池の活性化のため、一度満充電し、
プロペラが回らなくなるまで作動させ、放電しておきましょう。
さて、浮きがいいと言われる複葉機。タイヨーのエアプレーンは飛ばないと言われているが、こいつはどうなんでしょう。
箱出しノーマルの飛行インプレは、また次回。
[PR]
by jukaidou | 2007-02-23 22:14 | 樹海飛行隊(ラジコン)