樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
友人が教えてくれました。

「TAIYOから隼が出てるぞ。加藤隼戦闘隊ごっこやろうぜ!」

なんとびっくり!陸軍の雄である隼が登場していたとは。。なかなかやるなタイヨー!
というわけで、早速GETしました。

c0094876_1735409.jpg


おお、キャノピーも透明になり、リアル感アップしてます。
サイズは、前作零戦21型と同じくらいでしょうか。
そしてバッテリーの大きさは小さいです。

前作が4.8V?だったっけかな?今作は6Vにパワーアップ。
容量は120mAhしかありませんので飛行時間はかなり短そう。
説明書にあるように本当に3分飛ぶかな?

c0094876_17411116.jpg


というわけで、友人と二人で飛ばしました。
周波数が同じなので、同時飛行はできませんでした、残念。

さて、手投げ飛行開始。
フルパワーで飛行すると、頭上げ失速、墜落してしまうので、バッテリー装着部内前部に10円玉を
入れ、テープで止めました。
それでもまだちょっと頭上げしましたので、1円玉2枚追加。

おお、フルパワーで綺麗に上昇、ハーフパワーで水平飛行。
バッテリー切れまで飛ばせました。

c0094876_1748185.jpg


しかし飛行時間3分は難しいですね。1分半から2分の間くらいでした。
ほとんどハーフスロットルなら3分可能なんでしょうが・・・。

c0094876_17502085.jpg


旋回する場合は、旋回したい方向に0.5秒から1秒ほど送信機レバーを倒します。
そして機体が旋回中に下降しはじめたら、当て舵(機体が傾きすぎたら反対方向に舵を入れ、機体を水平に立て直す動作)を行う必要がありますね。

エレベーターがないので、大回りな旋回しかできません。
方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ→方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ、の繰り返し。
大回り、といっても機体が小さいので、そんなに大したことありませんが・・・。

前作と同じく、若干左旋回の癖がありますね。
まあそんなことは些細な事です。一式戦を飛行させられる喜びに比べれば。

c0094876_18042100.jpg


機体が軽い、そしてエレベーターがないので、風には滅法弱いです。
風速3mを超えたら、私の腕では飛ばしません(笑)。
風速5mくらいのとき(背の高い草が結構なびく位の強さ)思い切って飛ばしたら、紙きれのように吹っ飛んで、操縦不能→墜落してしまいました。

しかしほぼ無傷。EPPって凄いですね(地面は草むら)。

前作零戦21型の苦労はどこへやら。この隼は飛ばしやすいです。

しかしTAIYOのラインナップはいつもそそられます。
零戦ばかりではなく、今度は雷電をぜひ!

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-10-15 18:12 | 樹海飛行隊(ラジコン)

樹海近郊にある木彫り屋

樹海に一度は訪れた経験のある人は、気になったことがあるでしょうか?

c0094876_2156258.jpg


ここ。
だちょうの看板が目印の場所である。
富岳風穴から鳴沢村役場にいく途中の道路にあります。

ちなみに店の名前は「珍品堂」。

だちょうの看板のくせに木彫り?
前はダチョウ料理を出していた定食屋だった気がする。
その名残だろうか。
今回その木彫り屋に入ってみた。

c0094876_227381.jpg


c0094876_2272051.jpg


数千円から数万円など、価格帯は様々。

c0094876_2291373.jpg


水晶やアンモナイトなどの化石も売っている。

入るとすぐに店主とみられるおじさんがついてくる。
「まけるよ」「気に入った?」としきりに声をかけてくる。
じっくり見せてください・・・。

しかしこの店、看板には個人の携帯番号が載っていたり、なんだか少し怪しい雰囲気。
店主もしゃべり方が日本人っぽくない・・・?

おそらく海外で安く仕入れた木彫りを売っているのだろうと見た。
しかしこの店、樹海に訪れるたびに毎回見るのだが、お客さんが入ってる様子を
見たことがない(上の画像で映ってる車は、おそらく店関係者の車)。

どうして営業し続けられるのだろう?


・・・おっと、この言葉、よく樹海堂も言われます(笑)。


まあそれはさておき、ちょっと怪しいお店でした。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-10-10 22:17 | 青木ヶ原樹海レポート
c0094876_20384121.jpg


※ストーリー
零戦とB-29がタッグを組み、飛来する翼竜の群れと空中戦を繰り広げるアクション・パニック「プテロドン 零式戦闘機 vs 翼竜軍団」リリース!! 第二次世界大戦時、原子爆弾を搭載した米空軍のB-29は、突然外部に衝撃が走り眼下の無人島に不時着する。だが、そこには残留日本兵と翼竜たちが生息していた。日本未公開作品。

ああ、バカな匂いがプンプンするパッケージ。
迷うことなく即レンタルしました。
零戦とB29のタッグ、と聞いただけで何の躊躇もなく見ようと思ったあなたは正常なバカ映画愛好家です。

※以下ネタばれあり、注意※

ネタばれもクソも、この手の映画をちょっとでもかじったことがある方は、「原子爆弾を搭載した」という文章からピンと来るはずです。

「あ、この映画、最後は原爆で怪物を倒すんだな」

そうです、

正 解 で す 。


残留日本兵、という言葉でピンと来るはずです。

「ああ、絶対役者は日本人じゃねーな」

そうです、

正 解 で す 。


アメリカ在住日系人でしょう。いちおう日本語喋りますが、アヤシイ発音でウケます。

「ワッタシ、ニポンジンデース」

と喋るアメ公を想像してみてください。そんな感じのしゃべり方です。
いちおう最初は、日本兵同士はたどたどしい日本語を使い会話しているのですが、
物語の中盤には日本兵同士でも全員英語でしゃべってます(笑)。

これはたぶん、製作者が

セ リ フ を 日 本 語 訳 す る の が め ん ど 臭 か っ た だけでしょう。

日本語より英語の方を流暢に話す日本兵。笑えます。
しかしそれにしても、

日 本 語 の セ リ フ に 日 本 語 字 幕 付 け る の は や め ろ ! ! (笑)


そしてパッケージ。
写真での零戦は、明灰色。劇中ではグリーン。
まあ、こんな細かい違いはどーでもいいですね。気にしてはいけません。

物語自体は、ほんとありきたりです。
原爆積んだB-29が島に不時着し、怪物に襲われ、原爆で滅ぼし、脱出。

んなこたーどうでもいいんですよ。
とりあえず題名にもある零式戦闘機VS翼竜軍団の最大の見せ場、零戦と怪物のドッグファイトがあったことが感激なんです。
とても大感激なんですよ。

オールCGですが。

なんでこんなに感激するかって?
それはね。



この手の映画、題 名 を 信 じ て 借 り た ら エ ラ イ 目 に 会 う からですよ!

正直言って、零戦すら出てこないだろう、という覚悟でレンタルしました(笑)。

なんと題名通り、零戦と翼竜がドッグファイトしてるではありませんか!!!
しかもパイロットはブロンド凡女(美女に非ず 笑)!
これだけでも大満足です!

その他は何も期待してはいけません。
米軍の作戦司令部がどう見てもどっかのオフィスだったり、
日本兵のキャンプになぜか米軍のジープが鎮座してたり、
「非常用に隠してある」と言ってる零戦の燃料がカモフラージュもされず裸の状態で砂浜に鎮座してたり、
ジープ運転中に翼竜に襲われ、なぜか荷台に乗っていた米兵がジープを降りて(なぜ降りる必要が?)戦ったり、細かい突っ込みどころは満載ですが、そんな細かいところは気にせずに大いに暇つぶしがてら見ましょう。

唯一感心したのは、

日本兵がちゃんと南部14年式を使ってることです。

バカ映画好きが暇つぶしするにはちょうどいい映画でしょう。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-09-08 21:18 | 樹海キネマ(映画)
enroute社のドリームエアー号を、河口湖自動車博物館に置いてある93式中練風に塗装したものです。
いろいろな角度からの画像が見たいという方がみえましたので、アップさせていただきたいと思います。

c0094876_0111015.jpg
c0094876_0112731.jpg
c0094876_0115211.jpg
c0094876_0121535.jpg
c0094876_0123489.jpg
c0094876_012517.jpg
c0094876_0131160.jpg
c0094876_0133059.jpg


実機と比べるとたくさん違う所がありますが、ご容赦ください。
複葉機はノスタルジックでいいですね。
離陸もあっさり、飛び方はマッタリ、自分の目の前をローパス(低空飛行)させたときの姿は感動です。
風防が黒くスモーク掛かっていますので、いつか透明な風防を自作しようかと思います。
木製プロペラも装着したいですね。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-09-07 00:25 | 樹海飛行隊(ラジコン)

樹海の聖杯

樹海には聖杯と書かれたケースが落ちている。
4,5年くらい前から落ちている。
傍目にはただのゴミなのだろうが、今でもある。

c0094876_22591668.jpg


たいていは蹴られたり?して無造作に転がっている聖杯ケースだが、
たまにきれいに置かれているときがある。
上の画像においては、きちんとコップが置かれ、ドングリが供えられている。

前にこのブログでもお伝えしたが、この聖杯は映画「インディジョーンズ」に
影響を受けて設置されたのでは?と書いたが、未だに製作者が不明なので
真相は不明。

製作者は今どこで何をしているのでしょうか・・・?

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-09-03 23:06 | 青木ヶ原樹海レポート
こんにちは、樹海堂愛知支部構成員、ひよこデス。

前にお人形さんを作りましたが、それをイラストにしました。

今回、樹海堂そして樹海の?イメージキャラクターとして描きました

「樹海ちゃん」

が、ホームページに堂々と登場しました!(*^_^*)


ぼちぼちと更新していきますので、ながーい目で見守ってやってください、ウス!!

c0094876_2282348.jpg

↑クリックすると拡大します。色鉛筆を使ってみました!

c0094876_1144412.jpg

[PR]
# by jukaidou | 2008-08-28 01:16 | 「樹海ちゃん」ギャラリー

樹海にある不可解なもの

樹海奥深くの遊歩道を歩いていたら、偶然発見した。
宗教だろうか。

c0094876_2335118.jpg


連絡先も書いてあるので、実在する組織と思われる。

苦しい現実を忘れ癒しを求める先は樹海。

救いを求める先も樹海。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-08-21 23:38 | 青木ヶ原樹海レポート

樹海内にあった謎の看板

樹海堂写真館Ⅲでも紹介しているが、竜宮洞穴入り口付近の木に
このような看板がくくり付けられていた。

c0094876_22484887.jpg


拡大してみる。

c0094876_22492256.jpg


写真では光が反射してよく見えないが、インドの神ガネーシャの画像。

c0094876_22531045.jpg


そして謎の文字があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オム アーフン ベンザ グル ペマ シィディ フン

尊きいのち 自然のままに生かされている今
心にこれ映し このコトバ3回唱えれば
心晴れて 生きる力わく!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何のために設置したのだろう。


c0094876_2257507.jpg


そしてこの高さ。下に竜宮洞穴入り口の看板があるが、この看板は
地面から1.5メートルくらいの高さにあるものだ。
ということは、このガネーシャ看板は3メートル超えの高さ。

こんな樹海の奥地にわざわざハシゴを持ってきたのだろうか?
とてつもない労力である。

樹海では時折このような意味のよく分からない物体が設置されている。
樹海に訪れる人間。
実に多種多様である。

母なる樹海に誘われていくのだろう。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-08-16 23:03 | 青木ヶ原樹海レポート

63回終戦記念日

世界の平和を祈り、

黙祷。



樹海堂一同
[PR]
# by jukaidou | 2008-08-15 12:37 | 樹海堂構成員の日常
いつの間にか発売されていましたね、プレステ3のサイレン。
1、2とプレイしてきたのに、ちっとも気がつきませんでした。

c0094876_0255745.jpg


今度はアメ公たちが主役みたいですね。
ほほう、これは完全に海外マーケットを狙った作品ですな。

今日本は景気が落ち込み、ゲームのような趣向品に対する消費が鈍いので
ハナっから海外を視野に入れたゲームが開発されるのは当然の成り行き、ということでしょうか。

バイオハザードやサイレントヒルに追随するゲームを目指せ!ということですね。

海外の感性は、日本のそれとはやっぱり異なりますからねー、これからどんどん
日本人の感覚から離れていくゲームになることでしょう。
今作品で、まず「外国人を主役」というポイントを入れ、ファンの拒否反応がないか探りを入れる。
しかしまだゲーム内容的には、日本人向けの色が強いと思います(このゲームをまだしてないので予想ですが)。
いきなり海外の感性向けの内容にガラッと変えると、ファンの拒否反応が強すぎますので。

次回作あたりから、徐々に海外向け内容になっていくのではないでしょうか。



そんなホラーゲーム合戦の今夏、私はこんなゲームを買ってみました。
「DSソフト トワイライトシンドローム」

昔スーパーファミコンで発売されていた「学校であった怖い話」にはちょっと及びませんが、
なかなかいい味だしてます。
こっくりさんや一人かくれんぼなど、身近な都市伝説を主体としたアドベンチャーゲームです。
結構おもしろ怖いからおすすめ。
ゲームのボリュームも、社会人である私にとってはちょうどいいです。

やっぱ日本の怖い話はこうでなきゃ。この作品こそPS3の高度なグラフィックを使って
ゲーム化されるべきです。
来年の夏はおねがいします>スパイク(トワイライトシンドロームのメーカー)さん

旧校舎をあのグラフィックで描いてくれたら最高だろーなぁ・・・。


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
# by jukaidou | 2008-08-14 00:52 | 樹海堂構成員の日常