樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

友人が教えてくれました。

「TAIYOから隼が出てるぞ。加藤隼戦闘隊ごっこやろうぜ!」

なんとびっくり!陸軍の雄である隼が登場していたとは。。なかなかやるなタイヨー!
というわけで、早速GETしました。

c0094876_1735409.jpg


おお、キャノピーも透明になり、リアル感アップしてます。
サイズは、前作零戦21型と同じくらいでしょうか。
そしてバッテリーの大きさは小さいです。

前作が4.8V?だったっけかな?今作は6Vにパワーアップ。
容量は120mAhしかありませんので飛行時間はかなり短そう。
説明書にあるように本当に3分飛ぶかな?

c0094876_17411116.jpg


というわけで、友人と二人で飛ばしました。
周波数が同じなので、同時飛行はできませんでした、残念。

さて、手投げ飛行開始。
フルパワーで飛行すると、頭上げ失速、墜落してしまうので、バッテリー装着部内前部に10円玉を
入れ、テープで止めました。
それでもまだちょっと頭上げしましたので、1円玉2枚追加。

おお、フルパワーで綺麗に上昇、ハーフパワーで水平飛行。
バッテリー切れまで飛ばせました。

c0094876_1748185.jpg


しかし飛行時間3分は難しいですね。1分半から2分の間くらいでした。
ほとんどハーフスロットルなら3分可能なんでしょうが・・・。

c0094876_17502085.jpg


旋回する場合は、旋回したい方向に0.5秒から1秒ほど送信機レバーを倒します。
そして機体が旋回中に下降しはじめたら、当て舵(機体が傾きすぎたら反対方向に舵を入れ、機体を水平に立て直す動作)を行う必要がありますね。

エレベーターがないので、大回りな旋回しかできません。
方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ→方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ、の繰り返し。
大回り、といっても機体が小さいので、そんなに大したことありませんが・・・。

前作と同じく、若干左旋回の癖がありますね。
まあそんなことは些細な事です。一式戦を飛行させられる喜びに比べれば。

c0094876_18042100.jpg


機体が軽い、そしてエレベーターがないので、風には滅法弱いです。
風速3mを超えたら、私の腕では飛ばしません(笑)。
風速5mくらいのとき(背の高い草が結構なびく位の強さ)思い切って飛ばしたら、紙きれのように吹っ飛んで、操縦不能→墜落してしまいました。

しかしほぼ無傷。EPPって凄いですね(地面は草むら)。

前作零戦21型の苦労はどこへやら。この隼は飛ばしやすいです。

しかしTAIYOのラインナップはいつもそそられます。
零戦ばかりではなく、今度は雷電をぜひ!

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-10-15 18:12 | 樹海飛行隊(ラジコン)

樹海近郊にある木彫り屋

樹海に一度は訪れた経験のある人は、気になったことがあるでしょうか?

c0094876_2156258.jpg


ここ。
だちょうの看板が目印の場所である。
富岳風穴から鳴沢村役場にいく途中の道路にあります。

ちなみに店の名前は「珍品堂」。

だちょうの看板のくせに木彫り?
前はダチョウ料理を出していた定食屋だった気がする。
その名残だろうか。
今回その木彫り屋に入ってみた。

c0094876_227381.jpg


c0094876_2272051.jpg


数千円から数万円など、価格帯は様々。

c0094876_2291373.jpg


水晶やアンモナイトなどの化石も売っている。

入るとすぐに店主とみられるおじさんがついてくる。
「まけるよ」「気に入った?」としきりに声をかけてくる。
じっくり見せてください・・・。

しかしこの店、看板には個人の携帯番号が載っていたり、なんだか少し怪しい雰囲気。
店主もしゃべり方が日本人っぽくない・・・?

おそらく海外で安く仕入れた木彫りを売っているのだろうと見た。
しかしこの店、樹海に訪れるたびに毎回見るのだが、お客さんが入ってる様子を
見たことがない(上の画像で映ってる車は、おそらく店関係者の車)。

どうして営業し続けられるのだろう?


・・・おっと、この言葉、よく樹海堂も言われます(笑)。


まあそれはさておき、ちょっと怪しいお店でした。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-10-10 22:17 | 青木ヶ原樹海レポート