樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

憂国

c0094876_23101651.jpg


こういう言葉はあんまり使いたくないんですが、
ニホン大丈夫ですか?
なんで公開後まもない「ランボー」で、平日とはいえ客が
私とカップル一組、リーマン一人しかいないんですか?
不況のせいなんですか?それが言い訳ですか?

まあいいや。私はリーマンと映画を楽しむことにしましょう。
カップル?あんなどこにでも現れて、
最後に入ってきて最初に出て行くような連中はどうでもよろしい。

マア内容は前回のブログでもみていたければ大体わかるでしょうが、
なんで還暦にもなって、スタローンがこんなことやってんだか
みなさんにわかってもらいたいわけですよ。
別に金に困ってるわけもなく、名を売りたいわけでもない。

スタローンがランボーをやる、それは怒っているからです。
初代はアメリカ人の非情と偏見に怒り、怒りの脱出は冷たい軍部に怒り、
アフガンでは掛け声と精神主義ばかりのゲリラと非道のソ連に怒ります。
今作は一応ミャンマーの軍部相手ですが、本当に怒ってるのはそことは
限りません。
理想ばっかりで現実を見ない「人道主義者」連中と、
現実を見すぎて戦う「仕事」の意義を忘れた傭兵、
そして言い訳ばかりでいつしか熱くなることを忘れた我々観客にです。
ランボーのマシンガンを打ちまくるシーンにはいつだって意味があるんです。
それを、「ああなんであのマシンガン弾切れしないんだ」とか、
「敵が次々当たるなんて命中率はありえないw」とか突っ込んで何が
楽しいのですか?

冒頭、ランボーはリサの
「無駄かもしれないけど、無意味じゃない」という言葉にかつての
戦士としての自分を思い出し、再び戦いにでます。
それが全てでしょう。

マア堅苦しい話は置いといて、とにかく見に行きましょうや。
聞く所によると、アメリカの映画館ではみんなで歓声を上げながらみる
そうです。ランボーやセガールが敵をブッタおすたんびに
「ブラボー!」とか「イェース!」とかやるんだそうな。
いつかそんな日本の映画館の光景を見て、参加したいもんです。

樹海堂店長
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-05-29 23:03 | 樹海キネマ(映画)
哀しみの戦士、ジョン=ランボー。
改めてシルベスター=スタローン様と同じ時代を生きていてよかった。
そう思わせる渾身の一作。
劇場で泣いたのは久しぶりでした。

※以下ネタばれあり、注意※

この映画は、主人公ランボーを自分自身と置き換えて見るのが妥当です。

自分はランボーのように筋肉質なのか?
自分はランボーのように戦闘能力があるのか?

いやいや、違います。そういう意味ではありません。
心意気です。
現代社会を生きるための気合いと覚悟を見習わなくてはならないのです。

ジョン=ランボーは、哀しい戦士です。
第1作目では、必死で祖国のためにベトナム戦争を戦いながらも、いざ祖国に帰ったら
「人殺し」などと蔑まれ、ホームレス同様の生活を余儀なくされ、逮捕され、虐待された。

そう・・・何かと被りませんか?


自 分 で す 。


サラリーマンである自分と被りませんか(ちなみに私はしがないサラリーマンです)?
会社のために必死に働き、会社のためを思って提案し、他の社員のためを思って発言しても
事なかれ主義の上司、同僚、むしろそういう行動をする人を
「調子に乗っている、うるさい、生意気だ。会社にとって危険分子だ」
などと蔑み、やる気を失せさせる疲弊した現代社会。

「何も言わずじっとしていることが賢い生き方」

と思いがちな時、ガツンと響くランボーのセリフ。


「ムダに生きるか、何かのために死ぬか・・・お前が決めろ!!!」


ちなみにこのセリフ、ランボー演じるスタローン自身の人生の哲学を表した言葉と言えます。
大学を中退してオーディションを受けまくるが落選。唯一「ブルックリンの青春」に出演でき、そのギャラを手にハリウッドへ。チャンスに恵まれず、下っ端の毎日を過ごす。
その後は貧乏ボクサーが世界チャンピオンに挑むという、まさに自分自身の人生を投影しているようなシナリオ「ロッキー」が映画化され、あとはスターダムに・・・

そういう人生を歩んだスタローン。
上記のセリフは、泥をすするような苦しい下積みを味わっているスタローンの人生哲学なんでしょう。
どこかの州知事のように世渡り上手な生き方ができず、不器用なんだけれども愛される存在。それがスタローンなんです。
ジョン=ランボーもそう。ロッキー=バルボアもそう。
おしゃべりでもなく器用じゃなくて、あまり社交的でもなくて無愛想なんだけど、決めたことに関しては直球勝負。
何が何でも直球勝負。
こだわりの職人みたいなものです。
そして・・・弱い。心が弱く、自分が折れてしまった時に涙を見せるところも、人間らしいです。
こんなところが、みんな好きなんです。
スタローン自身もこんな性格だから、このような主人公が生まれるのでしょう。

この映画は、出演者も覚悟を決めています。
あるミャンマー人出演者は、ミャンマーの反乱軍元兵士で、ミャンマー軍事政権側の悪役を演じたため刑務所に入れられたり、迫害や虐待を覚悟で出演しているのです。
少しでもミャンマーで行われている虐待を世間に知らしめることができたら・・・という理由で。

ここまでの覚悟、我々日本人ではまず無理でしょう。

でもそんな彼らの姿を見て、ミャンマーの現実を少しでも知る事とともに、彼らの「覚悟」や「決意」を見習うことができます。

会社で何があろうとも、それに立ち向かう心。

そんな戦う決意と勇気を、この映画からは存分にいただきました。
逆に考えると、

「どーせ何も変わんねーんだから、一生懸命やったって無駄無駄。つーか、そーゆー熱いヤツ、バカだし見ててサムいよな、ハハハ」

と考える思考回路の人は、絶対この映画を見るべきではないでしょう。
むしろ社会にいらないでしょう。すぐに退社、もしくは退学を希望します。
他の頑張っている人間の足を引っ張っていますし、邪魔ですね。

虐待シーンや、見せしめに生首が吊るされてるシーンだけを見て、安易に「これは有害映画だ」と叫ばないでほしい。
スタローンが戦車砲ぶっ放してるシーンだけを見て、「これはただの脚本の練られていないアクション映画だ」と言わないでほしい。

そこにはキャストたちの「覚悟」と「決意」が込められているのだから。

そしてそんなキャスト達を率いて1本の映画にまとめ上げたスタローンは、やっぱり


偉 大 。


である。
会社の不条理に苦しむサラリーマン達よ。この映画を見て奮い立て!!
そして己の力で会社を変えてみせよ!!!!

無駄に生きるか、何かのために死ぬか・・・


お 前 が 決 め ろ ! ! ! ! 



樹海堂副管理人
樹海堂URL
[PR]
by jukaidou | 2008-05-27 00:08 | 樹海キネマ(映画)

業務連絡

近日公開の
「ランボー 最後の戦場」

6月21日公開の
「インディ=ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

以上2作品を必ず鑑賞するように。

レポートも合わせて提出するよう。


怠った樹海堂構成員は、懲戒解雇に処す。


以上。

樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2008-05-19 23:58 | 樹海堂からのお知らせ
樹海には謎の聖域が存在するという証拠ビデオが
樹海堂に届きました・・・


はたして真実は!?

詳しくは樹海堂にて!!



樹海堂副管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2008-05-15 01:18 | 樹海堂からのお知らせ

心の光

樹海、樹海、かわいい樹海、愛すべき樹海
樹海が心を癒す。
喉を潤し、渇きから解放された光に包まれるのだ。
包まれた後は心に樹海が存在する。

仕事で疲れた体を柔らかく包み、ほぐすのは
樹海のみ。
樹海を愛せ。
樹海には愛があるのだ。

樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2008-05-13 21:54 | 樹海堂管理人のお言葉

自民党・・・

相次ぐ物価の上昇で生活費が徐々に圧迫され、なかなか樹海巡礼や
Tシャツ作りに勤しめないのがもどかしい。

国民の住みづらい国になってしまったものだ。

樹海を信じ、頑張るしかない・・・。


樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2008-05-02 23:17 | 樹海堂管理人のお言葉