樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さあ、樹海堂メンバーの活動が徐々に広がりつつあります。
今回は愛知県の有名心霊スポット、旧伊勢神トンネルです。

c0094876_171170.jpg


さて、どのような恐怖が待っていたのでしょうか。
詳細は樹海堂にて。


樹海堂副管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2007-05-27 01:09 | 樹海堂からのお知らせ
さて、初心者にも優しい京商セスナスカイレーン。
題名を初心者講座から入門者講座に変更しました。友人曰く「あれは初心者というより入門者へのアドバイスだね。」とのことですので、こうなりました。
c0094876_2227409.jpg


説明書には載っていないけど重要なこと。
それは、プロペラの交換方法です。
今回はそれの説明をします。
まず、スピンナー(プロペラ先端の黒いゴムの部分)を外します。

c0094876_22324077.jpg


スピンナーをつまみ、ぐりぐりと力を入れつつ丁寧に抜き取ります。
抜き終わったら、今度は機体を裏返します。カウルと胴体の繋ぎ目にこのような半月状の隙間があります。

c0094876_2235244.jpg


半月状の隙間の奥には、さらに小さな半月状の穴が。ここに細めのマイナスドライバーを差し込みます。
穴の中にはギアがあるので、ギアの歯をマイナスドライバーの先端で押さえ込みます。
押さえ込んだまま、プロペラを反時計回りに回して抜き取ります。
ギアが回転しないように、ドライバーでギアの歯を押さえる形になります。
プロペラは結構固めに装着されていますので、力を入れると思いますが、ゆっくり丁寧に回してください。力を入れすぎたり乱暴に回すとギアの歯をなめてしまいます。
プロペラを抜き取ったら、新しいプロペラを装着して、あとは逆の順序で元に戻して終了です。

交換方法が説明書に載っていないのは少々不便ですね。


豆知識を一つ。

初飛行のときは、河川敷の土手の上など、高さがあるところから手投げするとやりやすいです。
もし失速しても、手投げ時からある程度「高度」があるため、地面にすぐに激突することがないから比較的落ち着いて操縦に専念できます。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-05-24 23:25 | 樹海飛行隊(ラジコン)

樹海の季節

楽しい季節。
楽しい季節。
樹海の季節。
ああ、僕たちの待ち焦がれていた季節、樹海が育んだ享楽。
明日の天気は晴れるかな。
明後日の天気は絶望から希望へと様変わりする樹海の光、いわゆる晴れ晴れとした神の微笑む天気かな。
喜ぶべきことは素直に受け入れ、今日も勇気を出して職場に向かう自分がいる。
辛いことや悲しいことを乗り越えねばならない自分がいる。
仕事の合間、窓を見ると、そこは樹海が広がっていた。
樹海がこちらに向かって微笑んだのだ。
ああ、なんという幸運。
絶望から一時、逃れることが出来た。

樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2007-05-13 03:14 | 樹海堂管理人のお言葉
c0094876_644547.jpg


糸井重里氏絶賛の幻のカレー、イトリキカレー。
道の駅かつやまで食べられます。
樹海散策のついでにどうでしょうか?

樹海堂副管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2007-05-08 06:47 | 樹海堂からのお知らせ
さて、素晴らしきB級映画、「アース・トルーパーズ 地球防衛軍 VS 巨大蟻軍団」です。
またまたこれはクソくだらなくて最高の映画です!
バカ映画、最低映画好きは必見ですね。

c0094876_0314528.jpg


※ストーリー
巨大隕石が地球に衝突、この影響で自然環境が激変し、かつてない天変地異に襲われる。しかし、それは壊滅の始まりでしかなかった。数千年間眠っていた巨大な蟻軍団が目覚め、すでに崩壊した地球を襲う。これを阻止しようと地球防衛軍が組織され、巨大蟻軍団に決死の闘いを挑む!

ってな感じです。さて、早速インプレ。

※以下ネタばれあり、注意!!

巨大隕石が地球に激突し、かつてない天変地異に襲われる・・・とありますが、

別 に 天 変 地 異 は あ り ま せ ん 。

な、なんという設定(笑)!隕石は宇宙で砕けて細かい岩となり、それが地球に降ってくる訳ですが、人類はすでにその隕石襲来の情報をキャッチし、避難しており、特に被害はなかったと劇中でナレーションしてます(笑)!!
隕石襲来により天変地異や異常気象などは何もなかったわけですが、ある氷河山脈に落ちた隕石を調査すべく、民間企業の調査隊を派遣するのですが、そこでなぜかかなーり目立つところに氷付けになっている巨大蟻を一匹発見・・・。
こんな目立つものがどうして今まで誰も見つけられなかったのかが謎!!
隕石墜落のせいで山岳が砕けて蟻を発見した・・・とか、そういう設定ではないようです。
隕石のせいで氷が解けて長年眠っていた蟻が復活した・・・というわけでもないようです。
まあとにかくこの調査隊、山の斜面が急で、飛行機が着陸できないため、空中からパラシュートで降下するのですが、

どう見ても
ス カ イ ダ イ ビ ン グ や っ て 遊 ん で い る 人 にしか見えません!

たぶん、マジでスカイダイビングやってる人の映像を無理矢理調査隊という設定にしているだけですね。
それにしても、こういうB級映画で、

ヘリなどの乗り物がオールCGなのは法律で決まっているのですか(笑)?

ということで、隕石に関しては、ほぼ無意味な設定です・・・。意味ねぇっす!
オープニングでは、SWATっぽい隊員が3名出てきてダンボールだらけの部屋で巨大蟻を一匹殺すシーンが出てくるのですが、

こ の シ ー ン の 存 在 理 由 が わ か り ま せ ん 。

後のストーリーに何の影響も繋がりもないからです。あえていうなら、3人のうち一人が蟻研究の第一人者、というだけでしょうか。
もう、まったくの意味不明!
たぶん、

意 味 な ん て 考 え た ら 負 け で す 。

氷付けになった巨大蟻を確保した民間企業の調査隊。そしてオープニングに出てきた蟻学者を、巨大蟻を商用に使えるよう調査させるため、「講演をしてほしい」と騙して連れてくるのですが、学者は「こんな危険なものに係わるのはゴメンだ」と反対。
まあお約束どおり銃で脅して拘束するのですが、巨大蟻が檻から脱走し、緊急事態。
どさくさにまぎれて企業に潜伏していた学者の仲間と脱走します。
どうして仲間が企業に潜伏しているかは謎です。
仲間にはケンジと名乗る怪しい中国人みたいなオッサンも出てきます。
それにしても、蟻が脱走したのに、
「緊急事態発生!」とアナウンスするデブ黒人さん、

も っ と 焦 ろ う や 。

のんびりまったりです。しかも、何度もアナウンスするのはいいけれど、

この施設、 黒 人 の 他 に 職 員 い ね ー ん じ ゃ ね ー の ?

職員が逃げ回るパニック、という様子が何一つ出てきません。
この黒人さん、崩れた柱に身体を挟まれ、身動きが取れなくなるのですが、主人公の蟻学者が柱をどけて助けようとしたら、

「お前の服は蟻の匂いがするぞ」

と意味不明なセリフを放って、蟻に襲われ死亡。

な、なんちゅう最後や!もちろん主人公は、服を脱ぎ捨てて逃げます(笑)。

森に脱走した巨大蟻。鳴き始めます。それを聞いた主人公、

「あれは仲間を集める鳴き声だ」

え・・・?蟻ってそんな声出すんですか?誰か教えてください!!
泣き声に反応し、都市に次々出てくる巨大蟻の群れ。

・・・って、どこから出てきたんですか、つーか、

今までどこに潜んでたんですか!?

一匹だけじゃなかったのね。地面を掘り起こして登場する、とかそういう出現シーンが一切何もないので、なんか呆気に取られます。
しっかり信号守って歩いちゃってるし。

とにかく突っ込みどころ満載の映画ですが、前半の必見シーンは

謎の東洋人、ケンジさんのインチキ中国拳法っぽいショボい格闘シーンでキマリ!!

それにしてもショットガンで撃たれたくせに、森中を走り回る主人公の逞しさは脱帽ですな。

後半も段々ストーリーが壊れていきます(笑)!!
地下鉄運転手は必見です。
巨大蟻に電車で突っ込むシーン。
助手?の女性が
「この距離で蟻に突っ込むのは危険よ!」と何が危険かよく分からない意味不明なアドバイスをしているにもかかわらず、

「船長ってのはな、決して逃げずに運命を共にするんだぜ」

とこれまた意味不明なセリフで返し、

「カミカゼ~!バンザーイ!!!!」

と日本語で ニ ヤ ニ ヤ し な が ら 突っ込むシーン。これは笑うしかない!
しかも乗客乗せたままです!脱線し、横転してしまいます。
蟻を倒す超音波とか、超音波を操るデブのアジア人親子、ラジオ司会者のくせにマシンガン持ってたりとか、もう見てください。
見てください!!

解説しきれませんわ。

B級映画フリークの皆さん、悪いことは言いません、今すぐレンタルビデオ屋にダッシュしなさい。
突っ込みどころ満載で目が放せませんよ。

ちなみにエンディング・・・
巨大蟻の駆逐という偉業を成し遂げたにもかかわらず、お祝いに放たれた風船の数がショボイこと・・・(笑)。
パレードに参加している兵隊さんたち、

あれ ど こ の 映 像 か ら パ ク っ た の ? ?

あと、蟻の天敵がなぜテントウムシ??
アブラムシは食うけど・・・

意味不明です!
さあ、ビデオ屋へ走れ!!!!!

樹海堂副管理人
樹海堂URL
[PR]
by jukaidou | 2007-05-07 01:40 | 樹海キネマ(映画)
さて、次は実際に飛ばしてみましょう。

一番ベストなのは、経験者付き添いで飛ばすことです。
これは間違いないです。できればそうしてください。
ここでは一匹狼フライヤーとして話を進めます。
落とす可能性は天文学的に高いでしょう。
焦ってしまって操縦不能になり、民家に突入してしまうかもしれません。
落として人に当ててしまったら、とんでもないことになります。
なので近辺に民家がないのは絶対条件です。
人が居ないとき・・・それはもはや「早朝」しかないでしょう。
夜はいけません。マジで機体が見えません。一回目のフライトが最後のフライトになってしまうでしょう。
早朝といっても、朝の5時くらいでしょうか。
それでも数人はジョギングしたり散歩をしている方がいたりします。
早起きしてフライト場所へ行っては人が居て諦め、行っては諦めというパターンが続くかもしれません。
しかしここで諦めてはいけません。樹海にいると言われる「自分を諦めないボクサー」のように、自分を諦めてはいけません。
根気良くベストな日を待ち続けます。

風がない日を選びます。
もしくは送信機に付けたリボンが軽くたなびく時です。
それ以上の風だと、初めて飛ばす入門者は間違いなく落とすだろうと思います。
上記に挙げた「早朝」だと、風がない、もしくは弱い日が多いと思います。
風が出てきたらやめる勇気が必要です。この勇気ってのが重要です。
ある程度慣れた方でも、「せっかくここまで来たのにやめられっか」と飛ばして風に煽られサヨウナラ、その日一日ブルーな気分というケースは私は多く目撃しています。

バッテリーをフル充電し、機体にセット。
蓋はきちんと「パチン」と音がするまでしっかり差し込まないと、空中で外れてバッテリーが落下し操縦不能になるので(経験済)、ここは気をつけてください。

そしてトリム調整。まずはラダー、エレベーターともに各尾翼に対して真っ直ぐになるように調整。トリム調整は、機体にバッテリーを繋いだ状態で行います。
ちなみに私の個体は、若干頭上げ気味だったので、エレベーターを気持ち下にトリム調整しました。

機体には車輪がついているのでカッコよく離陸・・・
と言いたい所ですが、

初心者は手投げ発進のほうが絶対にいいです!!

真っ直ぐ走らせるには微妙なラダー操作などを必要としますし、車輪の取り付け方が甘かったり少々曲がっていたりすると、あらぬ方向に走って制御が大変です。
砂利道などではさらに走り難さが増します。
きちんと舗装されたアスファルト上で走らせるのが理想ですが、エレベーターをアップに打って、上昇したとき何かの拍子に墜落した場合、地面がアスファルトだと、ちょっとの高さでも機体が受けるダメージがでかいです。

手投げ発進を強くオススメします。そっちの方が楽チンです。
手投げ発進については説明書に書いてあるので割愛しますが、投げる強さは「15メートルほど離れた相手とキャッチボールするくらいの強さ」でしょうかね。

フルスロットル時のプロペラ音は、けっこう大きくてかなりプレッシャーです(笑)。
まずは深呼吸しましょう。
フライトエリアが広ければ広いほどプレッシャーが弱まると思いますので、出来る限り広い場所でフライトすることが肝心でしょうね。
やはり狭いと「すぐに旋回しなきゃ!」という焦りが出てしまいますので・・・。
あとは、度胸。
私の場合、「とにかくやばくなったらエレベーターをアップにして機首を上げれば大丈夫だろ」くらい開き直って行いました(笑)。

手投げ発進したら、少しずつチョコン、チョコンと0.1秒くらいの早さでエレベーターをアップ(送信機レバーを下)に打って、上昇させます。
思い切って電信柱の2倍くらいの高さまで上げてしまいましょう。
その方が、失速して下降しても、体勢を立て直しやすいです。
あまりに上げすぎると、機体の向いている方向などがわかりづらくなってしまうので、ほどほどに。
そして上昇させたらスロットルを60パーセントくらいにまで落とします。
ゆったりと平行飛行するはずです。
そして説明書にもあるように、左旋回。
この機体は、左右にラダーを切ると、自動的に少しエレベーターがアップする「初心者モード」なるものがついてますので、またチョコン、チョコンとラダーを左に連打すれば、
ずいぶん大回りではありますが旋回できます。
セスナスカイレーンは、ラダーの効きが鈍いです。「効かねーなぁ」と思ってラダーを切り続けると、失速急降下します。気をつけましょう。

この辺はタイヨー工業製のスカイホークⅡの操作方法とあんまり変わらない気がします。

エレベーターがアップする初心者モードのせいで頭上げが起こる場合、若干エレベータートリムを上にします。

旋回後、機体が自然に水平に戻らず下に向けて飛行していくようでしたら、エレベーターをアップに打ち、左に傾いたままならラダーをチョコンと右に切ったりして、機体が水平になるように調整します。

これの繰り返しです。

入門者は2,3回左旋回させた後着陸させたほうがいいと思います。

スロットルレバーを20パーセントくらいまで下げます。高度が落ちていくと思います。
降下角度が急になりすぎないよう、ゆったりと高度が下がるようにエレベーターをチョコチョコとアップに打って角度を調整します。これが結構難しい・・・。何度も練習して慣れるしかないです。
地面から5mくらいの高さになったらスロットルオフ。
降下角度が急にならないように、絶えず調整し続けます。
そのまま地面に着陸させます。
着陸寸前にエレベーターをアップに打って「フレア」(一瞬ふわっと浮かせる)をかけます。

着陸には余裕を持って、100メートルくらい距離を取ったほうが安心でしょうか。


さて、緊張しますよマジで。
しかし一匹狼フライヤーだったら誰しも通る道です。
自分の愛機が空を飛ぶ、最高の快感です。

いつか塗装したいですねー。
プレイステーション用ゲーム、「moon」(知ってます?私は大ファンです。これを超えるRPGは見たことありません)の、

「ヨシダ観光事務局セスナ バリバリ島就航モデル」

なんぞを想像でいつか作ってみたいですね。

c0094876_23245514.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-05-01 23:27 | 樹海飛行隊(ラジコン)