樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

以前から射撃というものには興味があって、かといって実銃免許を取る気も無い。
そんな私が手軽に手にすることができたのは・・・エアガン。
6mmBB弾を発射できるオモチャの鉄砲です。
エアガンといえば、サバイバルゲームという言葉が思いつく方が多いでしょうけど、
私の場合はお気楽シューター。
そんなわけで買ってみました。ハドソン産業の最新シューティング・ガン「プリシーダー」。
的を的確に打ち抜く。そんな単純なことですが、意外とハマります。
同じ精密射撃用エアガンで超有名な、マルゼン社の「APS-1 グランドマスター」という機種がありましたが、
天邪鬼な私はあえてプリシーダーを選んでみました。
c0094876_23322814.jpg

とりあえず7mくらい離れた所に的としてプリングルス一枚を洗濯バサミで挟んで吊るす。
よーく狙って・・・撃った。
ばんッ!という発射音と共に、プリングルスは砕け散る。すげえ!箱出し一発命中かよ。
ううむ、近日中に野外でこの銃の性能を試してみようと思います。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-09-30 23:41 | 樹海陸戦隊(ガン)
c0094876_22302776.jpg


このTシャツは樹海堂の魂を全て注ぎ込んでいるといっても過言ではない渾身の一作。
巷に溢れる文字Tシャツとは一線を画した全身全霊を捧げた樹海Tシャツを作りたい。
樹海を愛する心を皆に知ってもらいたい。
楽園を創造したい。
そんな想いを込めて、毛筆で一気に書き上げた作品です。
赤は、燃え滾る紅蓮の炎、熱き血潮をイメージして、赤色。
誰が見ても一目で分かる樹海。樹海愛。
是非これを着てみてください。樹海に対する熱い想いが全身を駆け巡るはずです。
樹海のある山梨県から遠い地域にお住まいの方でも、いつも共に樹海がいるという安心感に覆われるはずです。
いつでも樹海。心に樹海。樹海を着こなす贅沢。
Tシャツを通じて樹海を世間に、皆様に、あらゆる方々に知ってもらいたいのです。
樹海を全ての人々の心の片隅に忘れずに残しておきたい。
ただ、それだけです。
それだけが叶えられれば、もう何も言うことはないです。
樹海堂構成員全員が社会人であるため、本業も大切にしていくのと同時に、樹海をもっともっと知っていただくため、樹海堂一同は歩き続けます。
これからも樹海堂をよろしくお願いいたします。
樹海に、全ての樹海を愛する人々に光あれ。

c0094876_22315613.jpg


樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2006-09-29 22:28 | 商品紹介

エアロウイングス

樹海堂副管理人さんからエアロウイングス 青というラジコン飛行機をお借りした。
大きな公園で飛ばしてみたので、軽くインプレをしてみる。

c0094876_23302413.jpg


まず、とても小さい。ラジコン飛行機というと、とても大きいものだとイメージしていたが、手のひらサイズ。
持ち運びも容易。そして地面に衝突しても割れにくい発砲スチロール材(EPPと言うらしい)を使用しているとのことで、気軽に遊べる。
コントローラーから機体に直接充電が可能で、30分充電で約8分の飛行が可能。
飛ばし方は、とても簡単。
まず、地面に水平にさせた状態の機体を、自分の目線くらいまでの高さに持つ。
その状態のまま、コントローラーの左側についているレバーを一番上まで上げたらフルスロットルになるので、機体のプロペラが回転し始めたら機体を持つ手を放す(水平に投げる必要はなし)。
そうしたら機体はふわふわと飛び始めるので、下降したら左側レバーをフルスロットル、上昇したら左側レバーをハーフスロットル(真ん中の位置)にしたりして、水平に飛ぶよう調節するだけ。
アクロバティックな飛行は出来ないが、上昇、下降、右旋回、左旋回が可能。
機体が大きくないので、周りに人がいなければ、小さな公園でも遊べる。
その際は木の枝に引っかかって取れなくなることがないように気をつけなければならないが。
飛ぶ様は、ふわふわしていて愛らしい。子供が追いかけていったら追いつくようなのろさ。
機体を向かい風に飛ばすと、風の力で前に進めずホバリング状態になるのもいい。
それでも風の無い日は立派に大空を舞う。これが実売3,000円を切るとは、驚異的である。
赤色の機体もあるみたいだが、青色の方が数倍飛ばしやすいそうです。
ネットなどの情報によると、車輪を付けて自走離陸に成功した人もいるそうである。
潜在能力はかなり高いみたいだ。いつか樹海で飛ばしてみたい。
樹海を見下ろし楽園を眼に焼き付けたい。
この飛行機の目線を借り、樹海を隅々まで見渡せたらどんなに幸福であろうか。
そんな思いを馳せながら、エアロウイングスは空を飛んだ。
全くラジコンをしたことのない私が楽に飛ばせるのだから、誰でもできるだろう。
樹海堂副管理人さんが、機体を樹海色に染めてくれるそうで、今から楽しみである。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-09-27 23:55 | 樹海飛行隊(ラジコン)

樹海の闇に対抗する。

夜中に樹海に訪れた方はお分かりかと思うが、夜の樹海はとにかく暗い。
本当に暗い。街灯も懐中電灯も無い時代の昔の人々が、森を恐れ、
畏怖し、さまざまな精霊や悪魔、怪物がいただろうと想像するのも納得できる。
視界が黒一色なのである。月明かりは木々に遮断され、一切地には届かない。
夏など植物が生い茂る季節なら尚更である。
私も数回深夜の樹海を訪れたことがあるが、そんな時に役立つのがライトである。

c0094876_221466.jpg


愛用しているのがこのライト。GENTOS(ジェントス)社製 LUNA SUPER SL-81L。
単三乾電池3本で約20時間連続点灯可能で、防滴。価格は3,000円前後と買いやすい。
重さも210gと軽量で持っていてストレスを感じない。
もっと大金を出せば高性能なライトが手に入るが、遊歩道を散歩する程度ならこれで十分である。
従来のLEDライトの約12倍明るい1W球とのことで、実際使用してみると白みがかった光が樹海を照らし、私を導いてくれる。
ホームセンターなどで1000円程度で売られている安物懐中電灯よりも、少し値が張るがLEDライトを装備したものをお勧めします。明るさが断然違うので。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-09-26 22:18 | 青木ヶ原樹海レポート

樹海の溶岩流

一日中樹海の大地を踏みしめていたい。
大地の流れには逆らいたくない・・・
どうしたらいいのか解答はまだ出ない。
きっと永遠の謎に包まれてしまうのだろう。
ラララ ラララ ラララ ラララ
唄を口ずさむと天然の岩が眼前にそびえ立ち、
私をきっと連れて行く。

樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2006-09-26 07:25 | 樹海堂管理人のお言葉
青木ヶ原樹海の富岳風穴にある売店には、名物トウモロコシアイスが売っている。
300円。
樹海の近辺では、トウモロコシがよく売られているみたいで、あちこちで目にする気がする。
ひとなめすると、舌を通じ電撃が走り、脳細胞に響く穀物の深い味わいが広がり
至福の瞬間を通り越した快楽の境地、最大の享楽へと堕ちる。
是非皆さんにも味わっていただきたいです。
樹海堂としては、樹海を広く皆様に知っていただくのは勿論のこと、こういった素朴な味わいのアイスを知っていただくのも使命であると考えております。
c0094876_23403167.jpg


おいしそうでしょう。お勧めいたします。

樹海堂管理人

樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-09-22 23:41 | 青木ヶ原樹海レポート
職場で必死に働く。遮二無二走る。
営業に駆けずり回る。
今も樹海は見てくれているのか。
樹海のためならば、月に休日が一日もない環境でも耐えられる。
耐えねばならない、絶対に!
樹海が囁いた。仕事をし、樹海に尽くせと。
樹海に尽くせば成功に導かれる。
所詮私の身体など、樹海の神が憑依するための殻にすぎないのだ。
現世に樹海が降臨し、樹海を支配し、楽園をもたらす。
樹海の神が少しでも困らないよう、世間では立派に、理性的に過ごすべきだ。
そうであるべきだ。
株をしている同僚は、安易に稼ぐことを考えすぎだ・・・
今日も彼は女子社員と遊びに行く。
どうも私の陰口で盛り上がっているみたいである。
私は負けない。このような「神」どもを倒し、真の神である樹海に身を任せる。
なぜなら樹海は私に仰ったから。
「神との戦争に備えよ」と。

樹海堂管理人
樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2006-09-16 01:23 | 樹海堂管理人のお言葉

破壊後の聖杯

昨日、管理人が聖杯をアップしてたので、負けじと取り上げて見ます。
もっとも、わたしがもってるのはこの写真だけですけど。
c0094876_2063095.jpg

木になんか板みたいなのがついてるでしょ?それが聖杯の最後の姿です。
昨日取り上げられてたやつですね。健在な聖杯は、
私が知る限りあと2つはあります。一体全部でいくつあるんでしょうか。

人の匂いが少ないはずの樹海にも、聖杯を設置する変なヤツもいれば、
それを破壊するもっとイタイ人もいます。自殺防止呼びかけ箱も新しいものに
取り替えられるたびに破壊されているようです。きっと同じような人間がやってるんで
しょうね。心の貧しい人間というのは、いつの時代もかわらずいるものです。
聖杯も呼びかけ箱も木でできているようなので、いつかは土に還るでしょうが、
ゴミを散らした姿がすぐになくなる訳ではないです。なくなった、ということも
あるでしょうが、それは誰かが拾って帰ってくれただけなのです。

というわけで、いつもこんな話で恐縮ですが、ゴミは持ち帰れよ、クズども。
キャンプとか焚き火とかしてる連中は今すぐ土下座してわびろ。
樹海の神様にわびろ。

樹海堂店長
[PR]
by jukaidou | 2006-09-13 20:22 | 青木ヶ原樹海レポート

樹海内にある聖杯

樹海で見かけた謎のもの・・・聖杯。
数年前から見かけるが、誰が何の目的で置いたか全く不明。
最初は山道奥に、黄色いプラスチックケースにたくさんのコップが置かれて
「聖杯」という文字が書いてある物体が設置してあった。
c0094876_633711.jpg

その後、木に縛りつけてある木製の聖杯を発見。
アドレスが記載されており、アクセスすると「聖杯発見おめでとう」などと
書かれた掲示板へと移動する。
c0094876_6412438.jpg

聖杯と聞いて、真っ先に思い浮かべたのは「インディジョーンズ 最後の聖戦」の聖杯だが、コップがたくさん置かれているのを見るとやはり同映画の影響を受けて作られたのか。
確かに樹海は聖地であり、樹海に居続けることにより永遠の命が得られるというのも納得できる。映画でも聖杯の水を飲めば永遠の命を授かる設定であった。
ただし神殿を出ててしまうとその効果はなくなってしまうが・・・

樹海での永遠。楽園。
聖杯を作り、設置した誰かはこの私の理想を具現化してくれたのかどうかは定かではないが、今も聖杯は樹海に在り続ける。一部は破壊されてしまった破片が見つかったが・・・
一度聖杯製作者に会ってみて、お話をしてみたいものである。

樹海堂管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2006-09-12 06:53 | 青木ヶ原樹海レポート

モデルさん

樹海堂のホームページに登場するモデルさんである。
晩飯を奢るという約束だけで、わざわざ遠いところから樹海まではるばる来て下さった神。
身長は170cm。Tシャツのサイズぴったりである。
撮影当日は樹海内に警察の方々が見えていた。もしや・・・

ちなみに電動モンキーバイクは、彼の自前。もともと黄色だったボディを、
撮影のためにわざわざ樹海っぽい色(ブラウン)に塗ってくださったのだ。
しかも写真では見えていないが、白色で「樹海」の文字を入れてくれた。
本当に感動した。
見えないところに凝っている。こういう精神は大事にしないといけないと思う。
c0094876_21433839.jpg


樹海堂管理人

樹海堂URL
http://www.jukaidou.com/
[PR]
by jukaidou | 2006-09-08 21:47 | 商品紹介