樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:樹海飛行隊(ラジコン)( 42 )

友人が教えてくれました。

「TAIYOから隼が出てるぞ。加藤隼戦闘隊ごっこやろうぜ!」

なんとびっくり!陸軍の雄である隼が登場していたとは。。なかなかやるなタイヨー!
というわけで、早速GETしました。

c0094876_1735409.jpg


おお、キャノピーも透明になり、リアル感アップしてます。
サイズは、前作零戦21型と同じくらいでしょうか。
そしてバッテリーの大きさは小さいです。

前作が4.8V?だったっけかな?今作は6Vにパワーアップ。
容量は120mAhしかありませんので飛行時間はかなり短そう。
説明書にあるように本当に3分飛ぶかな?

c0094876_17411116.jpg


というわけで、友人と二人で飛ばしました。
周波数が同じなので、同時飛行はできませんでした、残念。

さて、手投げ飛行開始。
フルパワーで飛行すると、頭上げ失速、墜落してしまうので、バッテリー装着部内前部に10円玉を
入れ、テープで止めました。
それでもまだちょっと頭上げしましたので、1円玉2枚追加。

おお、フルパワーで綺麗に上昇、ハーフパワーで水平飛行。
バッテリー切れまで飛ばせました。

c0094876_1748185.jpg


しかし飛行時間3分は難しいですね。1分半から2分の間くらいでした。
ほとんどハーフスロットルなら3分可能なんでしょうが・・・。

c0094876_17502085.jpg


旋回する場合は、旋回したい方向に0.5秒から1秒ほど送信機レバーを倒します。
そして機体が旋回中に下降しはじめたら、当て舵(機体が傾きすぎたら反対方向に舵を入れ、機体を水平に立て直す動作)を行う必要がありますね。

エレベーターがないので、大回りな旋回しかできません。
方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ→方向レバー倒す、当て舵で下降を防ぐ、の繰り返し。
大回り、といっても機体が小さいので、そんなに大したことありませんが・・・。

前作と同じく、若干左旋回の癖がありますね。
まあそんなことは些細な事です。一式戦を飛行させられる喜びに比べれば。

c0094876_18042100.jpg


機体が軽い、そしてエレベーターがないので、風には滅法弱いです。
風速3mを超えたら、私の腕では飛ばしません(笑)。
風速5mくらいのとき(背の高い草が結構なびく位の強さ)思い切って飛ばしたら、紙きれのように吹っ飛んで、操縦不能→墜落してしまいました。

しかしほぼ無傷。EPPって凄いですね(地面は草むら)。

前作零戦21型の苦労はどこへやら。この隼は飛ばしやすいです。

しかしTAIYOのラインナップはいつもそそられます。
零戦ばかりではなく、今度は雷電をぜひ!

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-10-15 18:12 | 樹海飛行隊(ラジコン)
enroute社のドリームエアー号を、河口湖自動車博物館に置いてある93式中練風に塗装したものです。
いろいろな角度からの画像が見たいという方がみえましたので、アップさせていただきたいと思います。

c0094876_0111015.jpg
c0094876_0112731.jpg
c0094876_0115211.jpg
c0094876_0121535.jpg
c0094876_0123489.jpg
c0094876_012517.jpg
c0094876_0131160.jpg
c0094876_0133059.jpg


実機と比べるとたくさん違う所がありますが、ご容赦ください。
複葉機はノスタルジックでいいですね。
離陸もあっさり、飛び方はマッタリ、自分の目の前をローパス(低空飛行)させたときの姿は感動です。
風防が黒くスモーク掛かっていますので、いつか透明な風防を自作しようかと思います。
木製プロペラも装着したいですね。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-09-07 00:25 | 樹海飛行隊(ラジコン)
友人が飛ばしていた飛行機。
ワコーのドリームエアー号です。

c0094876_23244599.jpg


飛行特性は癖はなく、非常に飛ばしやすかったです。
フルパワーだと、水平飛行から連続宙返りが可能でした。
背面飛行もロール飛行も余裕。

c0094876_23272437.jpg


c0094876_2328950.jpg


所有者である友人が、新しく飛行機を買うそうなので格安で譲ってくれました!(ありがとうございます)
どうして頂いたかというと・・・

c0094876_23304252.jpg


お化粧直しをいたしました。
そう、これは「赤とんぼ」の愛称で有名なあれです。
大日本帝国海軍が誇る、93式中間練習機です!
参考機体は、8月のみ公開される河口湖自動車博物館所蔵の九三式中間練習機です。
やはり樹海堂ですから、樹海付近に存在する機体を再現したかったのですよ。

c0094876_2341650.jpg


塗装の技術はまったくないのでテキトーです。

でも愛着が湧いてよいですね。もし墜落させて壊してしまっても、外見のみ修理して
部屋に飾っておこうと思います。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-07-26 23:49 | 樹海飛行隊(ラジコン)
樹海堂には愛国特集がありますが、実はアメ公もダイスキで、ついついこういうオモチャに手が出てしまいます。
なんてったって、ロッキーやプレデター、コマンドー、セガール様主演の沈黙シリーズなど、数々の歴史的大作を生み続けているんですよ!
こりゃ戦争で勝てませんわ。
山本五十六大将も苦悩するはずです。


さて、今回はfreewing社のグラマン F6F Hellcat。第二次大戦時に活躍した戦闘機です。

c0094876_1136575.jpg


ジョン=ウェイン主演の映画、「太平洋航空作戦」でも登場する名機です。

機体の色は、ダークブルー。黒に近いブルーです。シブイ。写真では太陽のおかげで明るめに写っていますが、実際の色は濃いです。

c0094876_11415386.jpg


カウル部分には、大股おっぴろげたブロンド美女の画像を貼り付けるべきです。
いや、貼らねばならないでしょう。
でないとアメリカじゃありません。
「Fuck me」という文字も必須です。

c0094876_114598.jpg


バッテリーはこのように入ります。ウイングドラゴンなどで有名な
アートテック社の11.1V1300mAバッテリー(友人からの頂き物)を使用しています。プラグの形もいじる必要もなくそのまま使用可能。
しかし横幅がギリギリです。これ以上幅広のバッテリーを使用する場合、改造が必要ですな。

サーボ、モーターなどは最初から取り付け済みで、金も時間のないサラリーマンにはうってつけです。
重心がちょっと後ろ気味だったので、カウル内モーターマウントに20グラムの重りを追加(ホームセンターで売っていた大きめの六角ナットをセメダインで貼っただけ)。


さて、早速飛行。
このヘルキャット、ゆっくり飛ぶので低翼機入門にもいいのではないでしょうか。
実は私、高翼機の経験はありますが低翼機は初めてで、友人から頂いたart-tech社のフライトシュミレーター(アートテックの飛行機を買ったら同封されていたらしい)で、低翼機を練習しただけでイキナリ本番でした。

でも何の問題なく飛ばせましたので、優秀な機体なんでしょうね。

さて、日本機撃墜マークである日の丸の旗を作るか。

c0094876_1261220.jpg


戦闘機はこのアングルがいいですね。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-04-30 12:11 | 樹海飛行隊(ラジコン)
どうもお久しぶりです。
しばらくブログ更新をさぼってました。いけませんね。
樹海に申し訳ないですね。
さて、今回私がゲットしたのはこれ。

c0094876_22294316.jpg


樹海堂店長からいただきました。怪しい中華円盤型ラジコン、フライングソーサーです。
空中浮遊します。

c0094876_22302735.jpg


ソーサーの裏側。

c0094876_22314141.jpg


コントローラー。パワーコントロールのみです。旋回などはできません。
ひたすら浮くだけという漢らしいアイテムです。

c0094876_22323381.jpg


さあ、さっそく飛ばしてみましょうか!

5分間充電して・・・GO!

c0094876_2233977.jpg


おお・・・浮いた!

c0094876_22334614.jpg


意外や意外、安定性は高い・・・

c0094876_22343358.jpg


障害物のない六畳間なら、大いに遊べるでしょう。


・・・で、すぐ飽きるのもこの手のオモチャの特徴です(笑)。
浮くだけじゃ・・・ねぇ。

そうだ。シルバー色に塗装して山で写真撮って、ム★編集部に送るか?

樹海堂副管理人
[PR]
by jukaidou | 2008-02-25 22:36 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、さっそく充電して飛ばしてみました。

c0094876_61896.jpg


キャノピー部は、白に塗ってみました。
真っ黒なのは、個人的には好きではなかったので。
主翼もセロハンテープで補強してあります。

パワー全開で手投げをしてみると、ゆったりと下降してしまいました。
何度も水平尾翼を少しずつ上方向に軽く曲げて調整(強く曲げると折れます)。
パワー全開でゆったり上昇するように設定したら、素晴らしく飛ぶようになりました。
真っ直ぐ飛ばしているつもりでも、少しずつ左旋回してしまう癖はありましたが、
まあ放っておきました。
真っ直ぐ飛びすぎると、いつの間にか送信機の電波圏外に行ってしまうのが怖かったですし。

個人的な感覚では、同社のエルロン零戦よりも難しい感じを受けました。
多分フライトマスターゼロ戦を難なく飛ばすことができれば、エルロン零戦はたぶん飛ばせます。
自分的な飛行のコツをざっと書いておきます。

まず、飛行場所は草地、芝生など柔らかい地面の上がいいです。EPP素材ではないので、
地面がコンクリートや砂地だと、ダメージが大きいでしょう、たぶん。

機体の大きさが小さい=飛行場所も狭くてOKというわけではありません。
確かに通常のラジコン飛行機よりは小さい場所でOKですが、最低50m四方以上の空間は欲しいところ。
京商ミニウムプレーンが同じくらいの大きさに相当するのですが、あっちはラダー、エレベーター装備の本格RCプレーンに対して、こちらはホビーラジコン。
ミニウムプレーンには可能な急旋回ができません。
よって空間は広くとることが大切だと思います。

まずは上記のように水平尾翼を調整。
パワー全開でスーっと上昇するようにします。
左旋回の癖が出始めて自然に左に曲がっていくので、ラダーを右方向に切って、機体が水平に保つように調整。切りすぎ注意。墜落します。
まあ、この辺は説明書に載っていますね。

旋回するときは、プロペラパワーを50%に絞ったほうがやりやすいです。
全開のまま旋回すると、失速速度も全開なんで、急激に下降してしまいます。
パワー半分の方が、失速も遅くてやりやすかったです。
旋回後、旋回方向の逆にラダーを少し打って機体を水平に保ち、再びパワー全開、上昇。
この繰り返しで電池がなくなるまで飛ばせました。

エルロン零戦とは違い、気軽に持ち運べる大きさのフライトマスターゼロ戦。
小さくてもそこそこスケール感があって、良いですね、これ。
レベルは2、とのことですが、個人的には3くらいあるかも・・・と感じました。
でも練習次第で確実に飛ばすことができるレベルだと思います。

c0094876_723689.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-11-12 07:03 | 樹海飛行隊(ラジコン)
さて、近所のおもちゃ屋さんに売ってました。フライトマスターゼロファイター。
またしても衝動買い。ダメな大人です、自分は。
まあ、大好きな零戦ですし、良しとしましょう。

c0094876_2124539.jpg


さて、箱は小さいです。同社のスカイホークⅡより小さいと思います。

c0094876_2126495.jpg


箱内部。右に置いてあるのは一般的なボールペンです。
大きさを表す為に置いてみました。小さいですね。

さて、組み立てが必要ですが、簡単。主翼を両面テープで付けるだけです。

c0094876_21285091.jpg


本体は発砲スチロール。主翼、水平尾翼、垂直尾翼はスチレンペーパー(スーパーで肉や魚などが入って売られている白い皿のようなものと同素材)らしき素材で出来ています。

うーん、激しく墜落したら折れそうだな。セロテープなどで補強が必要かも。
エレベーターはありませんので、頭上げ傾向だったら、水平尾翼を曲げて調整することが必要でしょう。
このあたりはスカイホークⅡと同じですね。

c0094876_21341772.jpg


少々見にくくてすみませんが、栄エンジンらしきものも再現されています。
よくできていますね。
プロペラはぱっと見スカイホークⅡと兼用できそうですが、プロペラ軸の太さなどの違いにより、ノーマルでは兼用は無理そうです。
さて、30分充電で約5分飛ばせると言うゼロファイター。
さっそく次の休みの日にテスト飛行してみましょう。
その報告はまた後日。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-11-01 21:41 | 樹海飛行隊(ラジコン)
c0094876_22464529.jpg


さて、さっそく飛ばしてみました。
同社のセスナスカイレーンM24と比べると、舵が機敏です。
クイックに反応します。
よって、ちょっとラダーを切る時間が長いと、すぐに高度を下げてしまうため、
エレベーター操作を上手に使いこなす必要があると思います。
ミニウムプレーン、こいつは完全な空モノRC初心者にとっては、結構難しいと思います。
超軽量で落としても壊しにくいとは思いますが、やっぱり壊れる時は壊れますし、
注意は必要です。

でも練習次第では快適に飛ばすことが出来るでしょうし、充電時間も20分と短いため、
リトライがし易く、さらにその小ささゆえに、通常のRCプレーンに比べると、
飛行場所も探しやすいと思いますので
初心者が3チャンネル本格RCプレーンに挑戦するには格好の機体ではないでしょうか。

c0094876_2372788.jpg


コントローラー(プロポ)です。機体から30メートルほど離れると、電波が届かないらしく操作不能になってしまうので注意。

飛行場所の地面はなるべく草地を選び(落としても壊れる確率を減らせる)、屋外では、完全無風時に飛ばす。
そして旋回時の急降下に対応できず、

「地面に激突!?ヤバイか?」

そう感じたら、ある程度有効な対処方法は・・・

「コントローラーから指を放して、まったく操作しない」

これ、結構いいです。ヘタな抵抗をするより、よっぽど機体を壊しにくくなります。
プロペラの回転が止まるので、スピードを落とせる。
スピードを落とせると言うことは、墜落の衝撃を抑えることができると思います。
地面が草地なら、尚更ダメージを抑えられます。
私の場合、ちょっとヤバイかな?と思ったら、とっさにプロポのスティックから指を放します。
地面にふんわり衝突?してくれます。

しかしこれは面白い機体です。飛行場所も狭くて大丈夫だし。
しばらくこいつとお付き合いすることになりそうです。

c0094876_23195459.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-09-10 23:21 | 樹海飛行隊(ラジコン)
通販で買ってしまいました。京商のマイクロプレーン、ミニウムプレーン レディセットです。

c0094876_21562873.jpg


カラーは、ブルー、レッド、グリーンの三色の中で一番人気がないと言われているグリーン。
でも私は大好きです。なんてったって樹海の色ですし。
樹海堂構成員たる者、樹海色を選ばなければなりません(笑)!

さて、メーカーのページには、18gの奇跡!とあるように、本当に軽いです。軽くするため機体は薄い発砲スチロール製ですので、特に水平尾翼、垂直尾翼は強度不足は明白。すぐにシワになりそうです。

機体はカノジョを扱う以上に優しく慎重に取り扱わないと、すぐに破損しそうです。
その小ささ(翼長380mm)から、トイラジのように錯覚する方もみえるかもしれませんが、

これは分別のつく大人のためのRCプレーンであることは間違いありません!

扱いが荒いと、すぐに破損させてしまうでしょう。まして子供などの手の届く所に置いておくと、壊されてしまう可能性が大です。
そして、買ったときに機体が入っている透明のケース。
あれは捨てない方がいいです!
機体を運搬、保管するのに大変重宝すると思います。
18gなので、風には非常に弱いと思われます。その辺も考慮しまして、風のない早朝に飛行テストしてみようと思います。
そういえばCCP社のエアロウイングスも、ミニュウムプレーンとほぼ同じ重さだった・・・はず。
エアロウイングスは意外と風には強かったような・・・。

こんな小さい3ch飛行機を操作するのは初めて。同社のセスナスカイレーンM24レディセットはずっと飛ばしていて慣れていますが、こいつはどうなんでしょう。
今度またインプレします。

c0094876_22353459.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-09-05 22:36 | 樹海飛行隊(ラジコン)
エルロンが付いているってことで、ロール(横回転)に挑戦!!

・・・

うーん、難しい・・・。

機速が遅いせいもあって、なかなかうまく回転しません。
回転する前に急降下のため墜落してしまう事の繰り返しでした。

c0094876_23201160.jpg


しかしなんとか成功!
やり方は・・・

ループ(宙返り)と基本的には同じ。
ます、バッテリーが元気な最初の1分間で、できる限り高く高度を稼ぐ。
パワー100%で飛行を続け、一気にエルロンを切り続ける。
回転し終えたら、機体を水平に保つ。
肝は、短時間でどれくらい高度を稼げるか、です。
低すぎると回転中に降下し地面に激突。
高度を上げるのに時間が掛かりすぎると、バッテリーの消耗により、機速が乗らず
回転できずに急降下墜落する可能性が高まります。

正直言って、難易度高いと思います。私が下手くそなのかもしれませんけど・・・。
ループもまだ確実に成功させられませんし・・・。
うーん、まだまだ修行が必要です。

c0094876_23354273.jpg


度重なる墜落のため、少しずつですが破損してきました・・・。
プロペラシャフトも曲がって、回転中に甲高い音がするようになってしまいましたが、
元気に飛んでいます。
しかしカウルが簡単に分解できないのが残念ですねー。接着されてますので。
次回作はこの辺の整備性を何とかしてほしいですね。

c0094876_23391277.jpg


樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2007-08-09 23:41 | 樹海飛行隊(ラジコン)