樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

C級映画 「プテロドン 零式戦闘機 vs 翼竜軍団」

c0094876_20384121.jpg


※ストーリー
零戦とB-29がタッグを組み、飛来する翼竜の群れと空中戦を繰り広げるアクション・パニック「プテロドン 零式戦闘機 vs 翼竜軍団」リリース!! 第二次世界大戦時、原子爆弾を搭載した米空軍のB-29は、突然外部に衝撃が走り眼下の無人島に不時着する。だが、そこには残留日本兵と翼竜たちが生息していた。日本未公開作品。

ああ、バカな匂いがプンプンするパッケージ。
迷うことなく即レンタルしました。
零戦とB29のタッグ、と聞いただけで何の躊躇もなく見ようと思ったあなたは正常なバカ映画愛好家です。

※以下ネタばれあり、注意※

ネタばれもクソも、この手の映画をちょっとでもかじったことがある方は、「原子爆弾を搭載した」という文章からピンと来るはずです。

「あ、この映画、最後は原爆で怪物を倒すんだな」

そうです、

正 解 で す 。


残留日本兵、という言葉でピンと来るはずです。

「ああ、絶対役者は日本人じゃねーな」

そうです、

正 解 で す 。


アメリカ在住日系人でしょう。いちおう日本語喋りますが、アヤシイ発音でウケます。

「ワッタシ、ニポンジンデース」

と喋るアメ公を想像してみてください。そんな感じのしゃべり方です。
いちおう最初は、日本兵同士はたどたどしい日本語を使い会話しているのですが、
物語の中盤には日本兵同士でも全員英語でしゃべってます(笑)。

これはたぶん、製作者が

セ リ フ を 日 本 語 訳 す る の が め ん ど 臭 か っ た だけでしょう。

日本語より英語の方を流暢に話す日本兵。笑えます。
しかしそれにしても、

日 本 語 の セ リ フ に 日 本 語 字 幕 付 け る の は や め ろ ! ! (笑)


そしてパッケージ。
写真での零戦は、明灰色。劇中ではグリーン。
まあ、こんな細かい違いはどーでもいいですね。気にしてはいけません。

物語自体は、ほんとありきたりです。
原爆積んだB-29が島に不時着し、怪物に襲われ、原爆で滅ぼし、脱出。

んなこたーどうでもいいんですよ。
とりあえず題名にもある零式戦闘機VS翼竜軍団の最大の見せ場、零戦と怪物のドッグファイトがあったことが感激なんです。
とても大感激なんですよ。

オールCGですが。

なんでこんなに感激するかって?
それはね。



この手の映画、題 名 を 信 じ て 借 り た ら エ ラ イ 目 に 会 う からですよ!

正直言って、零戦すら出てこないだろう、という覚悟でレンタルしました(笑)。

なんと題名通り、零戦と翼竜がドッグファイトしてるではありませんか!!!
しかもパイロットはブロンド凡女(美女に非ず 笑)!
これだけでも大満足です!

その他は何も期待してはいけません。
米軍の作戦司令部がどう見てもどっかのオフィスだったり、
日本兵のキャンプになぜか米軍のジープが鎮座してたり、
「非常用に隠してある」と言ってる零戦の燃料がカモフラージュもされず裸の状態で砂浜に鎮座してたり、
ジープ運転中に翼竜に襲われ、なぜか荷台に乗っていた米兵がジープを降りて(なぜ降りる必要が?)戦ったり、細かい突っ込みどころは満載ですが、そんな細かいところは気にせずに大いに暇つぶしがてら見ましょう。

唯一感心したのは、

日本兵がちゃんと南部14年式を使ってることです。

バカ映画好きが暇つぶしするにはちょうどいい映画でしょう。

樹海堂副管理人
樹海堂
[PR]
by jukaidou | 2008-09-08 21:18 | 樹海キネマ(映画)