樹海Tシャツ販売サイト「樹海堂」の日常


by jukaidou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「TAMALA2010」(タマラ 2010)

さて、今回はある意味バカ映画、「TAMARA2010」の感想です。

c0094876_1382491.jpg


ぱっと見、「ああ、こりゃオサレ系下北沢系サブカル系、ちょっと俺ってクールでパンクでアタシってちょい悪カワイイ天然ぶって世間を斜め上から見てて自分を理解してくれる人いなくってファッキンでみんな死ねばいいハハハ系・・・

というか、そんな私ってカッコよくね?」

という匂いがプンプンするパッケージです。
うん、多分実際そうなんでしょう。
でも話の内容としては、意外とツボ押さえてます。プレステのゲーム、「Moon」が好きな人は、多分好きです、これ。
ぜひ見てみましょう。


《ストーリー》
アーティスト・ユニットt.o.Lによる、映画や音楽、出版や各種商品等のプロジェクトとして発足したキャラクター展開の一つとなる劇場用アニメーション作品。パンク・キャットTAMALAの活躍を描く。舞台は2010年、TOKYOのMEGURO-CITYから始まる。アパートに住むパンク・キャットのタマラは、1歳の誕生日にネコ地球を飛び立ち生まれ故郷の星を目指す。しかし途中で別の星に不時着してしまい、そのままそこで数々のいたずらを続け、やがて星の街は大きく変貌していく。

タマラの出生の秘密を背景にしながら、ナンセンスな展開と皮肉に満ちた物語が全編に充満、どこか切ない雰囲気とあいまって、好きな人にはたまらない独特な世界観を作り出している。


・・・だそうだ。うーん、この映画の真相が見えてきましたよ。それは・・・


※以下ネタばれあり、注意!!


見終わった後、「畜生、なんだか小難しいストーリーだったな、ったく、途中でジャン=クロード=ヴァン=ダムと、ミッキー=ロークの格闘シーンが入りゃ盛り上がるのによォ」
と感じるでしょうが、話を簡単にまとめますと、

主人公タマラは、猫の目マークの企業、CATTYコーポレーションの生み出した不死のマスコットキャラクター。不死のため、殺しても死なない(一日後には復活する)ようである。
この会社は、タマラの到着する惑星を乗っ取るのが目的。そしてそこに住んでいる人々の脳に作用する電波を発信させ、洗脳し、会社の商品を買わせ、会社による支配を行うのが目的。
タマラの生まれ故郷であるオリオン座の星にタマラが行くと、不死の効果がなくなるらしい。なので、会社側はタマラが生まれ故郷であり母親がいると言われるオリオン座に行くことを防ごうとする。・・・って感じですか?

この手の「話をちょい難しくしてポップなんだけど哲学的にしてみました系」は、受け手によってストーリーの感じ方が多様になると思われるので、これが正しい答えだとは思いませんが、
たぶんこんな感じです(笑)。

要は、

・ちょい悪カワイイ猫キャラ
・ポップでキッチュ、パンクな世界
・不条理なストーリー
・斬新なミュージック、独特の世界観

以上を踏まえたアーティスト・ユニットt.o.Lによる完璧なまでの挑戦状なんです。

つまり、

アーティスト・ユニットt.o.Lの 露 骨 な ま で の 売 名 行 為 そ の も の 

なんですね。
多分、彼らはこう言われることも読んでいると思います。
上記の《ストーリー》内にも、

アーティスト・ユニットt.o.Lによる、映画や音楽、出版や各種商品等のプロジェクトとして発足したキャラクター展開の一つとなる劇場用アニメーション作品。

って書いてありますし!

・ちょい悪カワイイ猫キャラ
・ポップでキッチュ、パンクな世界
・不条理なストーリー
・斬新なミュージック、独特の世界観

これらの条件は、とあるオサレな方々にはとっても受けがいい、まさしくツボな展開なんですな。
アーティスト・ユニットt.o.Lの方々の心を代弁しますと、おそらくこうです。

「どうよ、オメーラのダイスキな設定をこれでもかと盛り込んでやったぞ。これで好きにならないわけないっしょ?どーよ!?ん?ファンになった?じゃあキャラグッズ買ってね」

多分アーティスト・ユニットt.o.Lさんたちはヒネクレ者です(笑)。こういう人たちは、個人的にはキライではありません。商魂たくましいですから。ぜひ私の所属している会社に欲しいです。

そしてアーティスト・ユニットt.o.Lさんにとって都合がいいところ。
この手の作品のファンになる人は、おそらくヒネクレ者で熱狂的です。
たぶん、彼らが商魂たくましく活動し、TAMARAをキャラグッズとして露骨に買え買えと強く展開していくことも、
ヒネクレ者の根強いファンたちは、

「そんな商魂たくましい彼らでさえクール、カッコイイ」

と捉えてますますファンになる、という心理もアーティスト・ユニットt.o.Lさんは多分感覚的に分かってます。
牌は少ないが、少ない固定客を確実に取り込むマーチャンダイジング(顧客意識調査)を確実にこなしていると言えます。


うーん、侮 れ な い で す ね 。


「まあ、この世は資本主義ですし、全ての活動は結局カネに結びつくんでしょうから。」


↑この一文、TAMARA2010を凝縮し、まとめた最良の文じゃないでしょうか。
どうでしょう、アーティスト・ユニットt.o.Lさん。私の考え、合ってます?
合ってたら樹海Tシャツ買ってください(笑)。


樹海堂副管理人
樹海堂URL
[PR]
by jukaidou | 2007-06-22 02:32 | 樹海キネマ(映画)